墓地進化(ぼちしんか) [編集]

DM-32で登場した新能力の一つ。
墓地に存在する同文明クリーチャーの上に重ねてバトルゾーンに出す(召喚する)キーワード能力

死皇帝ハデス VR 闇文明 (8)
進化クリーチャー:ダークロード 9000
墓地進化−闇のクリーチャーを1体自分の墓地から選び、このクリーチャーをその上に重ねつつバトルゾーンに出す。
自分のターンにクリーチャーを1体、自分の墓地から召喚してもよい。
W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2枚ブレイクする)

墓地の進化元を使うこと以外に関しては通常の進化クリーチャーと同じである。

神化編で登場した各文明の『〜進化』サイクルの中で、デッキ進化と並んで除去された時のディスアドバンテージが少ないのが特徴。また、マナ進化に並んでスペックが高い。他の進化方法と違い、通常のプレイでは能動的に進化元を得にくいためだろう。その代わり、一度場に出せる準備が整えば、かなり粘り強く戦える。バトルに負けて墓地に置かれたクリーチャーを進化元にすれば無駄もディスアドバンテージもない。

  • 他の文明でも登場する可能性があるが、現時点ではのみが持つ能力である。また背景ストーリーの都合上、死神の名を持つクリーチャーが特にプッシュされている。

主な墓地進化 [編集]

墓地進化に関するカード [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.墓地にある《虹速 ザ・ヴェルデ》を闇のクリーチャーとして墓地進化させることができますか?
A.はい、可能です。
引用元

Q.相手の《地封龍 ギャイア》がバトルゾーンにいる状況で、自分は《暗黒の悪魔神ヴァーズ・ロマノフ》を、召喚して墓地進化しました。どうなりますか?
A.墓地進化は召喚してからカードを重ねた状態でバトルゾーンに出ますので、墓地進化したクリーチャーは進化元と一緒に《地封龍 ギャイア》の置換効果によってマナゾーンに置かれます。
引用元