山札破壊(やまふだはかい) [編集]

相手の山札のカードを墓地などに送り、ライブラリアウトを狙うこと。「デッキ破壊」「デッキデス(デストラクション)」はほぼ同義。

デュエル・マスターズでは山札が0枚になるとライブラリアウトとなって敗北する。よって、相手の山札カードを削ることでもゲームに勝利することができる。

ライブラリアウトによる勝利は相手のシールドブレイクするリスクがないため、コントロールのフィニッシュの手段としてしばしば使用される。例えば【ヴォルグ・サンダーライブラリアウト】では《復活の祈祷師ザビ・ミラ》能力《ヴォルグ・サンダー》を並べる戦術がよくとられる。

ただし、場合によっては相手の墓地肥やしを助けてしまうので要注意。【墓地ソース】が相手だと、《百万超邪 クロスファイア》《暴走龍 5000GT》などを使われる可能性がある。できる限り即死性の強いデッキを心がけたい。前述の【ヴォルグ・サンダーライブラリアウト】はその代表例といえる。

天敵は、山札から手札以外へのカードの移動を無効化する《デュエマの鬼!キクチ師範代》《禁術のカルマ カレイコ》など。他には、墓地のカードを山札に戻す《サイバー・N・ワールド》《悠久を統べる者 フォーエバー・プリンセス》などがある。

システムクリーチャーならばあらかじめ除去し、cip持ちならばハンデスで妨害したりすることで対策できる。しかし、《悠久を統べる者 フォーエバー・プリンセス》の場合は山札に入っているだけで機能するため、山札切れでの勝利は絶望的となる。

参考 [編集]