引き分け 節を編集

両者が敗北すること。
デュエル・マスターズのルール上では、両者が状況起因処理による敗北が同時に発生した場合のみ、起こりうる。両者が勝利した場合、どうなるかは現時点ではは暫定回答なしになっている。

公式大会公認大会などでは、無限ループに入ってゲームが進まなくなってしまった場合は、ジャッジの判断によって引き分けとなることはある。ただし、これはデュエル・マスターズのルールによる引き分けではなく、大会のルール(大会競技ルール)による引き分けになる。

ここでは状況起因処理によって起こる引き分けについて述べる。

引き分けのルール 節を編集

暫定回答なしのルール 節を編集

逆に両者の勝利が同時に発生した場合、勝敗がどうなるかは現時点では暫定回答なしになっている。

そもそも現時点では、正式回答上は両者が同時に勝利することはありえないとされている。
《光霊姫アレフティナ》《サイバー・J・イレブン》エクストラウィン状況起因処理とされているが、これらの効果による勝利が同時に発生した場合、正式回答では、アクティブ・プレイヤー側のエクストラウィンが先に発生することになっている。

しかし、敗北による状況起因処理は同時に適用されるのに、勝利による状況起因処理はアクティブ・プレイヤーが優先されるのは不自然のため、再度開発に確認を取ると事務局から返ってきている。

引き分けの変遷 節を編集

デュエル・マスターズでは長らく、引き分け(両者敗北)はルール上ありえないとされてきた。

2014年5月の回答によれば、状況起因処理による敗北が同時に発生した場合は、アクティブ・プレイヤーの敗北が先に決定するルールだった。

事務局によれば、2016年時点で《伝説の禁断 ドキンダムX》の敗北効果が状況起因処理であると開発から正式回答が来ていたらしいが、2019年の11月時点では、両プレイヤーの《伝説の禁断 ドキンダムX》が同時にバトルゾーンを離れた場合は、アクティブ・プレイヤーの敗北が先に適用されるという回答が事務局から帰ってきていた。

ところが、2019年12月にバトルゾーンに両プレイヤーのマナ武装9を達成した《不敗英雄 ヴァルハラ・グランデ》がおり、お互いがライブラリアウトを起こしている時に両者の《不敗英雄 ヴァルハラ・グランデ》が同時にバトルゾーンを離れた場合、お互いがゲームに負けると正式回答が返ってきた。

そのため、状況起因処理による敗北が両プレイヤーに同時に発生した場合、両者が負けるという正式裁定は2019年11か12月に定まったと考えられる。
そして、2020年2月に事務局から、《伝説の禁断 ドキンダムX》が同時にバトルゾーンを離れた場合、両者ゲームに負けるという正式回答も返ってきた。

その他 節を編集


[1] 暫定回答としては、自分が勝利と相手の敗北が同時に発生する