探索 [編集]

デュエル・マスターズ プレイスで登場。指定されたゾーンからカードを3種類まで探し出すキーワード処理
TCG版デュエル・マスターズにおけるサーチマナ回収サルベージなどの能力は、この処理によって行うよう変更されている。

バルキリー・ドラゴン VR 火文明 (7)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン 7000
W・ブレイカー
バトルゾーンに出た時、自分の山札からアーマード・ドラゴンを探索し、1枚を公開してから手札に加えてもよい。その後、山札をシャッフルする。

仕様 [編集]

探索の仕様は以下の通り。

  • 3枚ではなく3種類である。その為、指定のゾーンに同名のカードが2枚以上入っていたとしても探索した3種類に同じカードが2枚以上入ってくることはない。
  • 対象となるカードが4種類以上あった場合、その中から3種類がランダムで探索される。
  • 探索されたカードの並ぶ順番はその都度変わる。
  • 《ギガルゴン》《二角の超人》など2枚のカードを対象にする探索の場合、探索した3種類から2種類を同時に選択する。その為、同種のカードを2枚選択することはできない。
  • 指定されたゾーンに探索対象のカードが3種類以上存在しない場合、2種類以下のカードを探索する形になる。

その他 [編集]

  • 探索するゾーンの中に対象となるカードがないと、探索に失敗するが、それは相手も分かる仕様になっている。場合によっては相手に情報アドバンテージを与えてしまう。
  • 「探索」はサーチ(Search)の日本語訳だが、上記の通りサーチ以外でこの処理に変更されているものもある。

参考 [編集]