攻撃終了ステップ [編集]

キング・ボルバルザーク P 火/自然文明 (7)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン/アース・ドラゴン 6000
スピードアタッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーの攻撃の終わりに、バトルゾーンに自分の他のドラゴンがあれば、自分のクリーチャーをすべて山札の一番下に置いてもよい。そうしたら、このターンの後、自分のターンをもう一度行う。
Code:1059 MAS 水文明 (5)
オレガ・オーラ:ドラゴン・コード/トリックス/デリートロン +4000
これを付けたクリーチャーに「パワード・ブレイカー」を与える。(「パワード・ブレイカー」を持つクリーチャーは、そのパワー6000ごとにシールドをさらに1つブレイクする)
DL-Sys:これを付けたクリーチャーの攻撃の終わりに、相手の墓地にある呪文を1枚コストを支払わずに唱えてもよい。そうしたら、その呪文を相手の山札の一番下に置く。その後、このオーラを自分の他のGRクリーチャー1体に付けてもよい。
自分のターンの終わりに、GR召喚する。
オレガ・オーラ:これを自分のGRクリーチャー1体に付けるか、1体GR召喚してそれに付ける。そのクリーチャーがバトルゾーンを離れたら、これも同じゾーンに行き、その後、そのGRクリーチャーは自分の超GRの一番下に戻る。

文字通り、クリーチャーが攻撃を終えた時のステップ

決して、攻撃ステップ自体の終了のことではなく、1体のクリーチャーの攻撃が終わったことを指す。

能力テキストでは「攻撃の終わり」と表記される。なお、「攻撃の後」はこのステップが終わった後のタイミングなので、混同しないように注意。

処理の流れ [編集]

  1. 「攻撃の終わり」の能力を解決していく。この時、他の能力が誘発すればそれらも解決していく。
  2. パワーアタッカーのような攻撃中に発動する常在型能力の効果が終了する。
  3. ここで攻撃終了ステップは終了。次は「攻撃の後」に解決される能力があればそれを解決することになる。

その他 [編集]

  • 前述の通り、「攻撃の後」は攻撃終了ステップではなく、攻撃終了ステップの後のタイミングのことを指す。長らく、公式から何のアナウンスもなかったため、一般的に「攻撃の終わり」と「攻撃の後」のタイミングが混同されていたが、2020年4月17日に公式Q&Aで両者は別々のタイミングであることが明言された。端的に言えば、「攻撃の終わり」は攻撃中であり、「攻撃の後」は攻撃中ではない。

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《ライマー・トール》で攻撃しシールドをブレイクした後、《勝熱英雄 モモキング》の「キリフダッシュ」を使おうとしています。《ライマー・トール》の「攻撃の後、このクリーチャーを破壊する」能力と、「キリフダッシュ」はどちらが先に発動しますか?
A.「キリフダッシュ」を使うのが先です。「キリフダッシュ」のような、「攻撃の終わり」に発動する能力を全て解決し終えてから、《ライマー・トール》が持つような「攻撃の後」に発動する能力を解決します。
引用元

Q.自分の《超音速 ターボ3》が攻撃し、相手のシールドをブレイクしました。「S・トリガー」などによって攻撃が終わる前に《超音速 ターボ3》がバトルゾーンを離れた場合、「攻撃の終わりに」の能力は使えますか?
A.いいえ、使えません。《超音速 ターボ3》のように、バトルゾーンで誘発する「攻撃の終わりに」の能力は、そのカードがバトルゾーンを離れてしまっていた場合には使うことが出来ません。
引用元

Q.自分のバトルゾーンに《BUNBUN・ヴァイカー》がいる時に、自分はクリーチャーで攻撃し、相手のシールドをブレイクしました。「S・トリガー」などで攻撃クリーチャーがバトルゾーンを離れた場合、《BUNBUN・ヴァイカー》が持つ「攻撃の終わりに」の能力は使えますか?
A.はい、使えます。攻撃終了ステップの開始時に《BUNBUN・ヴァイカー》がバトルゾーンを離れていなければ、攻撃クリーチャーがバトルゾーンを離れているかどうかは問いません。逆に、《BUNBUN・ヴァイカー》がバトルゾーンを離れていた場合、攻撃クリーチャーの状態に関わらず、「攻撃の終わりに」の能力は使えません。
引用元

Q.相手の《三界 ナラカ・マークラ》が自分のシールドを2枚ブレイクしました。それによってトリガーした自分の《月と破壊と魔王と天使》の「オシオキムーン」能力で、相手が《三界 ナラカ・マークラ》の「攻撃の終わり」の能力で追加したシールドをブレイクすることはできますか?
A.いいえ、できません。《月と破壊と魔王と天使》の「オシオキムーン」能力でシールドをブレイクしたあとで、「攻撃の終わりに」の能力が発動するためです。
引用元


[1] ただし、追加ターンを得ていた場合はこの限りではない。
[2] 先攻の最初のターンのみ、このステップは存在しない。
[3] ただし、追加ターンを得ている場合はこの限りではない。