(じゅん)バニラ [編集]

全く特殊能力を持たないバニラとは異なり、S・トリガーパワーアタッカーW・ブレイカーのような、バトルゾーンに出してもゲームに影響を及ぼさないような単純な能力、あるいは実戦上意味のない能力を持っているクリーチャーのことを指す。

バニラと同じくアドバンテージを稼ぐことができないため、多くのデッキで採用を敬遠される。デュエル・マスターズルール上、シールドブレイクするにはパワーが関係ないため、それならば何らかの能力を持っている方が明らかに有利なためである。

例えば、同じS・トリガー持ちでも《ハビエルネイチャー》《アクア・サーファー》の利用価値の差は明白。前者はバトルゾーンに出るだけでは特に何の仕事もしないが、後者ならば相手のクリーチャーバウンスして防御を行うことができる。

実戦上意味のない能力を持っているため準バニラ扱いされるケースは《デプス・ノーブル》、パズルを解けていない《パーロック〜交差の石板〜》ドキンダム・ガチャが使えない会場での《轟烈X ベガスダラー》などが挙げられる。
特に《奏世の鍵主 ウムル=ノル》は、デュエル・マスターズでは全く意味のない能力を持っており、そのせいで準バニラになってしまっている。

DMR-07では、バニラサポートである《アクア・ティーチャー》《駱駝の御輿》が登場。だが、ブレイカーなどは能力の1種であるため、準バニラは恩恵に与ることができない。4コスト以上の中途半端な準バニラは、その辺のバニラよりも不遇な存在となってしまった。

デッキビルディングにおいては《大神秘イダ》のようなコストパフォーマンスのよいものが僅かに使用される程度である。有力なカードもあるが、大体は肩身の狭い存在である。

準バニラの定義 [編集]

この準バニラの定義はかなりあいまい。

たまに、スピードアタッカーのみを持ったクリーチャーも準バニラと呼ばれたりもするが、バトルゾーンに出たターンに影響が及ぶため、これを準バニラと呼ぶかは個人差がある。

また、ワールド・ブレイカーG・ブレイカーのような大型ブレイカー能力のみを持っているクリーチャーも、流石にシールドを1つしかブレイクできないのと、すべてブレイクできるのとでは、ゲームに与える影響がかなり違うため、これも準バニラと言っていいのかは怪しいところ。

  • 当wikiにおいてはそのクリーチャーバトルゾーンにいながらアドバンテージの奪い合いに直接関与しない状態を指して準バニラと称する記述が多い。例としてG・ゼロを持ちコスト踏み倒し召喚できる“だけ”のクリーチャーを「場に出たあとは準バニラ」、サーチャーが進化先をサーチするもハンデスされてしまった状況を「準バニラが棒立ち」など。この用法における準バニラはクリーチャーの価値を評価する用語ではなくクリーチャーの性質を区別する用語と捉えた方が適切である。

その他 [編集]

  • 一部ではMTGの俗語が由来である「フレンチ・バニラ」と呼んでいるプレイヤーもいる。
    • フレンチ・バニラの呼称の由来は、「ちょっとリッチな」バニラであることから。しかしカードによっては「むしろバニラであってくれたなら」と言われるものも多い。

参考 [編集]