状態定義効果 [編集]

カードがゾーンに置かれる際、その状態を変更する効果

停滞の影タイム・トリッパー R 闇文明 (3)
クリーチャー:ゴースト 1000
相手はカードをマナゾーンに置く時、タップして置く。

以下総合ゲームルールより引用


110.4f 状態定義効果は、カードがゾーンに置かれる際、その状態を変更させます。これらは置換効果同様に効果に割り込んで処理をしますが、置換効果として扱わず、複数の効果が同時に存在する場合、それらすべてが適用されます。置換効果によってカードが実際にそのゾーンに置かれない場合、状態定義効果は何もしません。
例:永遠のリュウセイ・カイザー、緊縛の影バインド・シャドウ、「超感覚の聖狗」、不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー


803.1a ゴッドはバトルゾーンに出るに際してリンクします。バトルゾーンに出てからリンクするのではなく、リンクした状態でバトルゾーンに出ます。これは状態定義効果です。

状態定義効果のある能力 [編集]

ルール [編集]

その他 [編集]

  • 2021年3月16日の総合ルール改定で新たに生まれた用語だが、このルール改定によって既存の能力の挙動は変化しない
    あくまで、既にある継続的効果を分類するための用語である。

参考 [編集]