状況誘発 [編集]

状況誘発とは、トリガー能力の誘発条件の1つ。「ゲーム中のイベント」ではなく「ゲームの状態」を参照する誘発条件である。

飢えと乾き ケローラ C 火文明 (1)
クリーチャー:アウトレイジ 2000
自分のマナゾーンに水のカードがなければ、このクリーチャーを破壊する。

通常のトリガー能力は「バトルゾーンに出た時」など、あるイベントをきっかけにして誘発するが、状況誘発のトリガー能力は、「自分のクリーチャーが○○体」など、ゲーム中の状態によって誘発する。

この条件を持つトリガー能力は解決後に条件から外れていなければ再度誘発する。つまりこの効果から発生した処理で状況が変わらない場合、永遠に処理が発生し続けるという特徴がある。

  • この点は絶えず継続的効果を生成し続ける常在型能力と似ており、ゲームの状態を参照するという点は状況起因処理と共通しているが、それらとはルール上別物であり混同しないよう注意が必要。

ルール [編集]

呪文能力解決中に誘発し、その呪文能力解決後に誘発条件が満たされてない場合でも、状況誘発は効果を生成する。

トリガー能力であることには変わりはないので、解決中には割り込めない。
ただし、一瞬でも条件を満たした場合は誘発する。

また、この誘発条件を持つトリガー能力は一度誘発すると、解決されるまで誘発しない。

  • このルールがなければ、能力は永遠に誘発し続け、次の行動に移れなくなってしまう。

解決後も誘発条件を満たしているなら、能力は再度誘発する。場合によっては無限ループを引き起こす。

その他 [編集]

状況誘発を持つカードの例 [編集]

参考 [編集]