王来篇(おうらいへん) [編集]

PREV十王篇

デュエル・マスターズ20番目のシリーズ。

特殊な読みはせず、そのまま「おうらいへん」と読む。過去のジョー編エキスパンションシリーズ名と同様に『編』ではなく『』なので表記には注意。

ブロックマークは「王来」 (=王来篇。『王』の部分が王冠のようになっている)。

このセットに当てはまるエキスパンション

  1. 英雄の力を纏うレクスターズと英雄を合体させたディスペクターによる王来大戦の開幕
    DMRP-17 「王来篇 第1弾 王星伝説超動」
  2. 禁時混成王によって滅亡の未来がもたらされる中、さらに激化するレクスターズディスペクターの戦い
    DMRP-18 「王来篇 第2弾 禁時王の凶来」

このシリーズは何と言っても、20周年を迎えるシリーズということもあって、開発・運営共に気合が入っていることを感じさせるシリーズとなっている。

まず、「タイムトラベル」がテーマとなっており、過去のカードのリメイク版が多数登場することから、古参向けのシリーズである。エキスパンションのタイトルも勝舞編時代のような読み方が成されており、古参プレイヤーを意識的に狙っていることが伺える。

また、新規プレイヤーが楽しめるようにも配慮されており、十王篇に引き続き超次元超GRのカードは、特別弾含め収録されていない。さらに、初心者でも手軽にデュエマを学べるように、無料・課金なしのアプリである「デュエマであそぼう!」も配信されている。

十王篇に引き続き、多色カードが多数登場しており、今回はエピソード2以来となる3色カードも多数登場するシリーズになっている[1]

収録内容は、特別拡張パック共々事前評価が高い、スペックが高めカードがとても多く、特に3色カードは従来では考えられないほどのパワーカードが粒揃いである。
《ドンドン火噴くナウ》《龍風混成 ザーディクリカ》といったリソース系のカードの強化が目覚ましい。
《夏だ!デュエル修業だ!!》《鬼札アバクと鬼札王国》《Disジルコン》《Disノメノン》といった《天災 デドダム》にも負けない強力な3色3コストのカードも多数登場している。
また、超天篇あたりからカードパワーの見直しが為されていた白青赤カラーにおいては、見直しを通り越した大幅強化が見られた。超天篇とはまた違った形でインフレを感じさせるシリーズとなっている。

  • このシリーズから、「バトルゾーン」という単語が能力テキストから省かれるようになった。
  • 昨年は新型コロナウィルスとデフレの影響で伸び悩んだ事から、今回は
    • 環境を支配する程では無いが環境で十分活躍できるような強力なカードを積極的に作る
    • 20thSPレアなどで往年の人気カードを再録する
    • レクスターズディスペクターなどで過去のクリーチャーを出しファンサービスを行う
    • 特別仕様のカードでプレミア性をアピールする
      などの購買意欲を煽る戦略が取られている。
  • 王が過去未来を行き来することから、「王」が「往来」している。また、コロコロコミックで「カモン!! 王来(オーライ)!!!」という表記もあるため、「all right」とも掛かっている。
  • 20周年記念ということもあり、過去に登場したカードが名前に装飾を受けて再登場したものが多く存在する。ルール上1つの名前が複数のカードを指すものは「名前集合」を参照のこと。また敵味方問わず設定上の都合やアニメの3DCG流用による負担軽減の為か既存クリーチャーの関係しない完全新規クリーチャーの比率は例年のシリーズと比べ少ない。

参考 [編集]


[1] 一応、超天篇で1種類だけ《ジョギラスタ・ザ・ジョニー》3色カードとして登場している