王来篇(おうらいへん) [編集]

PREV十王篇

デュエル・マスターズ20番目のシリーズ。

特殊な読みはせず、そのまま「おうらいへん」と読む。

ブロックマークは「王来」 (=王来篇。『王』の部分が王冠のようになっている)。

このセットに当てはまるエキスパンション

このシリーズは「タイムトラベル」がテーマとなっており、過去のカードのリメイク版が多数登場することから、古参向けのシリーズと言える。
エキスパンションのタイトルも勝舞編時代のような読み方が成されており、古参プレイヤーを意識的に狙っていることが伺える。

十王篇に引き続き、多色カードも多数登場するが、今回はエピソード2以来となる3色カードも多数登場するシリーズになっている。

  • このシリーズから、「バトルゾーン」という単語が能力テキストから省かれるようになった。
  • 昨年は新型コロナウィルスとデフレの影響で伸び悩んだ事から、今回は
    • 環境を支配する程では無いが環境で十分活躍できるような強力なカードを積極的に作る
    • 20thSPレア?などで往年の人気カードを再録する
    • レクスターズディスペクターなどで過去のクリーチャーを出しファンサービスを行う
    • 特別仕様のカードでプレミア性をアピールする
      などの購買意欲を煽る戦略が取られている。
  • 王が過去未来を行き来することから、「王」が「往来」している。また、コロコロコミックで「カモン!! 王来(オーライ)!!!」という表記もあるため、「all right」とも掛かっている。
  • 20周年記念ということもあり、過去に登場したカードが名前に装飾を受けて再登場したものが多く存在する。ルール上1つの名前が複数のカードを指すものは「名前集合」を参照のこと。

参考 [編集]