疑似スピードアタッカー [編集]

スピードアタッカーではないものの、バトルゾーンに出たターンから攻撃を行うことが可能なものの総称。

疑似スピードアタッカーの一覧 [編集]

進化クリーチャー [編集]

G・リンクしている状態のゴッド [編集]

覚醒したサイキック・クリーチャー [編集]

バトルゾーンに出たターン、相手プレイヤーを攻撃できる [編集]

一部のジョーカーズが有する能力。
バトルゾーンに出たターン、相手プレイヤーが目標の攻撃に限り、召喚酔いに関係なく行うことができる(召喚酔いそのものは無くならない)。

  • カードによって「バトルゾーンに出たターン、相手プレイヤーを攻撃できる。」「バトルゾーンに出たターンの間、相手プレイヤーを攻撃できる。」と表記にばらつきがあるが、効果としては同一である。
    またこのテキストだけなら常在型能力だが、《超特Q ダンガンオー》cipになっている。
  • 当wikiにおいては逆フュリー・チャージの俗称が使われることもあったが、名前の由来が古い上にややこしい表記であるので、始めたばかりの初心者を中心に能力の意味を誤解されやすく、使用は推奨しない。

召喚酔いを無効にするダイヤモンド状態 [編集]

《ダイヤモンド・ソード》などは召喚酔いを無効にすることができる。
同じダイヤモンド状態を付加するものでも、《雷電の覚醒者グレート・チャクラ》など召喚酔いを無効化しないカードも存在する。

フュリー・チャージ [編集]

例:《Tatsurion》は、つまるところ「バトルゾーンに出したターンタップされているクリーチャー以外を攻撃できない」という制約付きのスピードアタッカーである。

「疑似スピードアタッカー」に含まれる場合のあるもの [編集]

マッハファイター [編集]

性質上は上記の「攻撃できる」能力と共通するが、これは固有の名前がありそちらで呼ばれやすいことから「擬似スピードアタッカー」と呼ばれることは少ない。
アンタップしたクリーチャー攻撃できるという、単に召喚酔いを克服するだけにはとどまらない点も一因か。

相手ターンにバトルゾーンに出ることができるクリーチャー [編集]

S・トリガー獣など、相手ターンに自分のクリーチャーが出ると、次の自分のターンには召喚酔いが消えている。
つまり、自分のターンに召喚するよりも若干早く攻撃できる。

特に《終末の時計 ザ・クロック》は、相手のターンに出たら、ターンの残りをとばす効果を解決した瞬間に、召喚酔いが解けたクリーチャーが1体増えた状態で自分のターンが始まり、疑似スピードアタッカーとして十分機能する。

デュエル・マスターズ プレイス環境や、当時のTCG環境では《アクア・サーファー》が「除去付きの疑似スピードアタッカー」として活躍している。

追加ターンを獲得できるクリーチャー [編集]

自分のターンに出て、それが攻撃できなくても、次の相手のターンが始まる前に攻撃できるようになるなら、それは召喚酔いしてないようなものという考え方。
《引き裂かれし永劫、エムラクール》など、cip追加ターンが得られるものが特に当てはまる。

ゲーム開始時にバトルゾーンに存在出来るカード [編集]

ゲーム開始時からバトルゾーンにあるカードは、たとえそれがゲーム開始1ターン目であっても召喚酔いしない。
最初からクリーチャーの状態でバトルゾーンに存在できる《Forbidden New Year》は、1ターン目から攻撃が可能。

対策 [編集]

参考 [編集]