白青緑 [編集]

文明と、その友好色である自然文明文明の3色の色構成のこと。また、そのカラーで組まれたデッキの構成色のこと。 現在、この色は「トリーヴァ」が俗称として定着している。

が入ることからドロー手段が非常に潤沢で、自然の速いマナブーストも可能。さらにの良質なクリーチャーを使用できる。
マナゾーンの管理も得意とし、マナブーストマナ回収は容易。更には、いずれの文明シールド追加シールド交換が可能であり、シールドの操作もできる。自分のリソースの確保に非常に長けていると言えるだろう。

その反面、が入らないことから除去ハンデス手段に欠け、相手へ嫌らしい干渉をすることが苦手。また、マナゾーンとは逆に墓地の利用はそれほど得意ではない。

優秀なクリーチャーを豊富なリソースで支援するような戦い方となる場合が多く、ビートダウンまたは【クリーチャーコントロール】と、クリーチャーの展開を軸にした戦法が得意。
正当派の戦い方が楽しめるが、ハンデス除去に対して脆く、相手にコンボを決められてしまいやすい。の入った他のデッキカラーに比べると、総じて干渉と妨害の手段に欠けるのが欠点と言える。

ちなみに、《天真妖精オチャッピィ》《再誕の社》などで墓地カードマナゾーンに置き、それをマナ回収で再利用することは可能。また、呪文墓地回収ならばの得意分野であり、5コスト以下のクリーチャーならば《湧水の光陣》によるリアニメイトが可能。

かなり器用な動きができるので、コンボデッキに向いたデッキカラーである。

  • 俗称の「トリーヴァ」MTGの多色カード《復活させるものトリーヴァ》が由来。トリーヴァが俗称として定着する前は、アラーラ次元の友好3色の組み合わせからなる断片の一つ、「バント」を語源とする「バント」という呼ばれることもあった。

これらの文明を持つカード [編集]

参考 [編集]