白黒緑 [編集]

文明と、その敵対色である自然文明文明の3色の色構成のこと。また、そのカラーで組まれたデッキの構成色のこと。

ネクラ」と俗称されることが多い。
例:【白黒緑ドルマゲドン】→【ネクラドルマゲドン】

自然マナブーストからスタートし、バトルゾーン手札にある相手のカードを両面から圧迫していく。相手への干渉の手段が多く、コントロールが得意である。
白青黒と比べると、手軽なドローソースを扱えない分、自然マナブーストで大型フィニッシャーの扱いに長ける。

自然とでパワーの高い大型クリーチャーを揃えることができるのも特長。除去ハンデスで妨害しながら、墓地回収を絡めて粘り強く戦っていけるのも利点。
呪文の扱いに長けており、墓地回収も容易にできる。

《雷鳴の守護者ミスト・リエス》自然《ハッスル・キャッスル》《口寄の化身》は各種墓地回収と、どれも手札補充手段を持っている。おおよそクリーチャーを何らかの形で利用したものとなるため、【除去コントロール】よりも【クリーチャーコントロール】を得意とするカラーである。かつては《凶星王ダーク・ヒドラ》もよく使われていた。

代表的なデッキは【ネクラガーディアン】【シャングリラ】)や、【ギャラクシーコントロール】【ネクラ超次元】など。【キング・アルカディアス】もこの色で組まれることが多かった。

  • 俗称の「ネクラ」はMTGのカード《ネクラボルバー》が由来。他にも《収穫するものテネブ》を語源とする「テネブ・カラー」、タルキール次元の1色とその敵対2色の組み合わせからなる氏族の一つ、「アブザン家」を語源とする「アブザン・カラー」という俗称が使われたこともあった。色の組み合わせは俗称を使うより色名で言った方が親切だろう。

これらの文明を持つカード [編集]

参考 [編集]