鬼札王国(おにふだおうこく) [編集]

DMRP-13にて登場し、十王篇でフィーチャーされた種族

文明に属する特殊種族キングマスター《鬼ヶ鬼 ジャオウガ》《鬼ヶ覇王 ジャオウガ》

背景ストーリーでは、龍頭星雲を通じて幾億光年の彼方から襲来した存在らしい[1]
いわゆる侵略国家めいた事をしており、侵略した国の一番大切なものを奪い隷属させてきた。
十王篇開始前の時点で美孔麗王国月光王国暴拳王国を支配下に置いている。そしてクリーチャーワールドの自然文明を制圧して不死樹王国を誕生させた。
弱い者は強い者に従うべきというジャオウガの理念の元に成立しており、仲間意識は希薄らしい。

  • 尚当初は単色文明の種族(王国)だったようだが、自然文明を制圧して大長老からレインボーの力を得たことが判明している。文明の組み合わせを考えると元は火文明単色の種族の可能性が高い。
鬼ヶ覇王 ジャオウガ KGM 闇/火文明 (10)
クリーチャー:デモニオ/鬼札王国 17000
<鬼タイム>自分と相手のシールドの数が合計6つ以下なら、このクリーチャーの召喚コストを5少なくする。
スピードアタッカー
T・ブレイカー
このクリーチャーは、召喚されたターン、バトルゾーンを離れない。
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、クリーチャーをすべて破壊する。
襲来、鬼札王国! R 闇/火文明 (6)
呪文:鬼札王国
S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)
次のうちいずれか1つを選ぶ。
►相手のコスト8以下のクリーチャーを1体破壊する。
►コスト8以下のクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。
<鬼タイム>自分と相手のシールドの数が合計6つ以下なら、1つのかわりに両方選んでもよい。

鬼タイムという固有の能力を持つ。
さらにDMRP-15にて鬼エンドという固有の能力を得る。

命名ルールはベリーレア以上は「「○○(漢字)」の鬼 ××(カタカナ)□(漢字)」、それ以外は「××入道」、「××童子」、「××変怪」など。
日本の鬼(童子)や妖怪(入道)、神号(権現)に関するものが多く、オリジン文明オラクルと一部命名ルールが被っている。

主にデモニオ種族が複合しているが、アーマロイドメルト・ウォリアーヒューマノイドアーマード・ドラゴンなど懐かしの種族も多数存在する。

  • 鬼札王国に属するクリーチャーのカードイラストには、体や装備のどこかに「鬼」を含む特殊な合成漢字が書かれている。

参考 [編集]


[1] 《コクヨウ童子》フレーバーテキストによる。
[2] 神化編での敵勢力であるオリジンは、前シリーズ戦国編のラスボス《暗黒皇グレイテスト・シーザー》の活動が原因で開いた「時空の裂け目」を通って過去世界から襲来した。鬼札王国が現れた「龍頭星雲」も、十王篇の前シリーズである超天篇のラスボス《零龍》に関わる概念である。