2021年3月16日ルール改訂 [編集]

2021年3月16日より適用された新ルールのこと。
大々的なルールの変更は2017年3月25日ルール改訂以来4年ぶりであり、この改訂により進化を主題としたコンボデッキには様々な影響を与えた。

公式な発表があったルールは以下の通り。

  1. 再構築のルール改訂
  2. バトルゾーンにあるカードの下にあるカードの扱いについて

再構築によるルールの改訂 [編集]

旧ルール:クリーチャーの一番上のカードのみが離れる時、一番上にあったカードが進化クリーチャーであれば、下にあったクリーチャーのうち、進化の種類に応じてクリーチャーを1体以上選んでバトルゾーンに別々のクリーチャーとして残し、それ以外は墓地に置く。非進化であれば、下のカードはすべて墓地に置く。

新ルール:クリーチャーの一番上のカードのみが離れる時、下にあったカードは重ねたままバトルゾーンに残す。非進化であれば、下のカードはすべて墓地に置く。

  • 例えば、進化GVを例に挙げると、進化GV能力を持った進化ではない進化クリーチャーの下に、3枚の進化ではないクリーチャーがあったとする。一番上のカードがバトルゾーンを離れたら、旧ルールでは下にあった3枚のクリーチャーは別々の3体のクリーチャーとしてバトルゾーンに残ったが、新ルールでは3枚のクリーチャーが重なった状態(クリーチャー1体の下に2枚のカードがある状態)でバトルゾーンに残る。
  • 旧ルールでは、バトルゾーンに残せるクリーチャーの数が、一番上の離れたクリーチャー・カードによって違いがあったが、新ルールでは離れた一番上のクリーチャーがなんであっても、下にあったクリーチャーが重なったまま1体のクリーチャーとして残る。
  • 下にあったカードが進化クリーチャーだった場合、旧ルールでは適切な進化元が下にあったカードの中になければそのまま墓地に置かれたが、新ルールでは特別な処理を行わず、1体のクリーチャーとしてバトルゾーンに残る。
  • あくまでこのルール改訂で変わるのは進化の特性を持つカードが離れた時の再構築のことであり、進化の特性を持たないが下にカードがあるクリーチャーを構成する一番上のカードが離れた場合は今まで通り、残りの構成されていたカードは全て墓地に置かれる。(無月の門によりバトルゾーンに出た進化ではないクリーチャー等)

バトルゾーンにあるカードの下にあるカードについて [編集]

この再構築のルール変更によって、下にあるカードに順番という概念ができた。旧ルールでは、墓地のカードのように、重なっているカードの順番に指定はなかった。

  • 進化Vなどで複数のカードを同時にカードの下に置く時、それらのカードを重ねる順番を決定する。その際、順番はそのクリーチャーを出すプレイヤーが好きに決められる。
  • カードの下に置かれたカードの順番を入れ替えることはできない。
  • 下にあったカードのうち、一番上のカードがバトルゾーンに残せないカードだった場合、一番上がクリーチャーになるまで上から順にカードを墓地に置いていく。
  • バトルゾーンで、上から《「魔力」の極 ダークマター》・呪文・呪文・ツインパクトカード・ツインパクトカード・呪文・呪文というカードの束になっていた場合、退化したら上から最も近いツインパクトの特性を持つクリーチャーが残る。

参考 [編集]