#author("2021-04-08T13:18:51+09:00","","")
#author("2021-04-08T18:51:54+09:00","","")
*メガメテオバーン [#u4f4005e]

[[能力語]]の一つであり、特殊な[[メテオバーン]]のことを指す。


|超神星ペテルギウス・ファイナルキャノン SR 水文明 (6)|
|進化クリーチャー:フェニックス 15000|
|進化GV−自分のグレートメカオー、グランド・デビル、ポセイディア・ドラゴンのいずれか3体を重ねた上に置く。|
|自分の他のクリーチャーが破壊される時、墓地に置くかわりにこのクリーチャーの下に置いてもよい。|
|メガメテオバーン6:このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを6枚、墓地に置いてもよい。そうした場合、相手はバトルゾーンにある自分自身のクリーチャーすべてとマナゾーンにあるカードすべてを手札に戻す。|
|T・ブレイカー|

|無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース SR 光文明 (7)|
|進化クリーチャー:フェニックス 17000|
|超無限進化:自分のクリーチャー1体以上の上に置く。|
|メガメテオバーン10:このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを10枚、墓地に置いてもよい。そうしたら、自分はゲームに勝つ。|
|T・ブレイカー|


普通の[[メテオバーン]]は下の[[カード]]を原則1枚[[墓地]]に置くことを条件とするが、メガメテオバーンは、表記された数字と同じ枚数のカードを[[墓地]]に置かなければならない。

決まれば一撃でゲームエンドに持ち込めるが、その分条件もかなり厳しいため、プレイヤーの腕が問われると言えるだろう。

-[[メテオバーン]]で5枚もの[[カード]]を[[墓地]]に置く[[《蒼世神 ADAM》]]や、同じく4枚を[[墓地]]に置く[[《死神の魔龍虫ビャハ》]]、同じく10枚を[[墓地]]に置く[[《聖霊龍王 ジーク・キャヴァリエ》]]の[[効果]]の名称が「メガメテオバーン」ではなかったことやあまりメジャーではなかった事から、この[[キーワード能力]]が今後登場する可能性は低いと思われていた。しかし[[DMEX-01]]にて、11年半の時を経て2体目のメガメテオバーン持ちクリーチャー[[《無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース》]]が登場した。こちらの効果は《ジーク・キャヴァリエ》と全く同じものである。

-メガメテオバーンというのは単に「ごく一部のフェニックスが持つ大規模なメテオバーン」の事を指しているのかもしれない。そう考えれば《ADAM》や《ビャハ》、《ジーク・キャヴァリエ》の能力がメガメテオバーンでない事にも納得がいく。
--ただ、その反例には「メガメテオバーン6」より後に登場した[[《超天星バルガライゾウ》]]が存在している。メテオバーン持ちフェニックスが通常[[進化GV]]で召喚される事を考えると、4枚以上同時に墓地に置く場合は「メガ」になるのかもしれない。
--ただ、その反例には「メガメテオバーン6」より後に登場した[[《超天星バルガライゾウ》]]が存在している。メテオバーン持ちフェニックスが通常[[進化V]]または[[進化GV]]で召喚される事を考えると、4枚以上同時に墓地に置く場合は「メガ」になるのかもしれない。

-通常[[メテオバーン]]の表記の後は「―(ハイフン)」だが、メガメテオバーンの表記の後は「:(コロン)」になっている。
//この[[能力]]が通常の[[メテオバーン]]とは異なることを示唆しての表現だろう。もしくはマイナス記号と見間違える可能性を考慮したのかもしれない。

-[[デュエル・マスターズ プレイス]]の[[メテオバーン]]では、「メテオバーン''1''」「メテオバーン''3''」など、メガメテオバーンと同じく要求枚数が書かれるようになった。

**参考 [#pbfdd5cf]
-[[用語集]]
-[[《超神星ペテルギウス・ファイナルキャノン》]]
-[[《無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース》]]
-[[メテオバーン]]
-[[オーバーキル]]

----
公式Q&A
>Q.GRクリーチャー10体が進化元の[[《無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース》]]が「メガメテオバーン10」能力でそれらを墓地に置いた場合、自分はゲームに勝ちますか?
A.はい、ゲームに勝ちます。(総合ルール 809.2b)
[[引用元>https://dm.takaratomy.co.jp/rule/qa/34413]]

&tag(用語集,能力,キーワード能力,メガメテオバーン,メガメテオバーン6,メガメテオバーン10,メテオバーン);