DMデッキ開発部 [編集]

デュエル・マスターズ公式HPにかつて存在したコンテンツの一つ。
当初は毎週更新されていた。エピソード1期のみ月に一度、ドラゴン・サーガ期以降は不定期更新となる。革命編の終盤あたりから更新停止になり、新章以降はHPメニューからのリンクもカットされ、旧サイトのアーカイブのみが残っていた。その後、十王篇の11/24に旧サイトごと削除。今は見ることが出来ない。

内容は、キャラクターが掛け合いを行いながら、新しく登場したカードや、それを使ったデッキの紹介をするというもの。殿堂入りが発表された後には、その理由の解説や今後の環境の予想をするなど、その内容は実戦的なものとなっている。

紹介しているデッキコンボの中には、大会で使用しても遜色ない完成度の高いものも存在する。しかし、時には発売したばかりのエキスパンションに収録されているスーパーレアビクトリー、雑誌付録のプロモーション・カード、時には絶版して久しい弾のカードといった、高価で入手の難しいカードを複数枚入れる事を推奨してくる場合がある。
この点は、販促を狙うためのコンテンツである都合上仕方ないだろう。ともあれ、デッキ構築の際には非常に参考になるので目を通しておいて損はない。

  • DMX-12にて、初期メンバー5人が各文明ヒーローズ・カードに採用された。この時ヒーローズ・カードとなったカードは、そのメンバーの「魂のカード」であるらしい。
    DMX-19およびDMX-22でも開発部メンバーのヒーローズ・カードが存在する。
  • 2014年1月に、人気ランキング上位のメンバーのイラスト付きホロ仕様カードプロテクトが、タカラトミーモールにて限定発売されることが決定。イラストは「エーツー」「アン」「八重子」「ユウヤ&リリィ&ハル(投票数が僅差であるため3人まとめた、とのこと)」の4種類。また、特典としてTanru氏書下ろしの、開発部ストレージBOXが付く。
    • なお、予定生産数に満たない場合、発売を中止する可能性があるとアナウンスされていた。現在は無事生産および発売されている。
  • 2014年9月30日発売のvol.18号にも付録にTanru氏によるイラストの開発部メンバー付き《特攻人形ジェニー》のプロモカードが登場。また、デッキ開発部の出張記事も掲載された。今回は、シュウハルリリィアンとジェニーが描かれており、全員がハロウィンの仮装をしている。

登場人物 [編集]

  • ヤギー……神化編まで行われていた番外編「DMルール解説部」までは登場していたキャラクター。
  • デュエルヒーロー ユウ……「DASH」および「週刊!」に登場。アイコンには本人の顔写真が使用されている。「SAGA」からはアイコンが新衣装のものに差し替えられたが、本人の登場はなかった。熱血担当
  • デュエルヒーロー アツト……同上。ロマン担当

DMデッキ開発部の変遷 [編集]

聖拳編 [編集]

DMC-18DMC-19の特集から始まった。この時は構築したカードの種類や枚数、ワンポイントを紹介した、非常に淡白なものであった。ちなみに、この時にはデュエルジャッカー・ショーやドクター・ハギー、松本しげのぶ先生といったゲストのカスタマイズしたデッキが紹介された。

極神編 [編集]

DM-24発売時より『こちらDMデッキ開発部』がスタート。コラムとして「開発部員K」(後に「開発部主任K」に改名)が、カードの紹介やデッキの構築及び動かし方を独り語り形式で解説するというものであった。

神化編 [編集]

DM-32発売前にリニューアルされ『DMデッキ開発部NEX』となった。ここから「開発部主任K」以外のキャラクターが登場、キャラ同士の掛け合いやストーリーが織り込まれるようになった。また、『NEX』以降は、デッキの動かし方をフローチャート付きで解説しているため、さらに分かり易くなった。

エピソード2 [編集]

ユウアツトが登場するデュエル・マスターズ DASH TVで彼らが使うデッキを、デッキ開発部のメンバーと共に作るようになった。そのためストーリーも一部が連動する。
一方でこの頃から休載が目立つようになり、2~3週間後に数回分一気に更新する場面が増えるようになった。その際、休載当時のイベント情報がそのまま掲載されることもあり、今更載せても手遅れな状態になっていることもしばしば見られた。

エピソード3 [編集]

エピソード3DMD-13のデッキ改造紹介などを境に、2ヶ月以上に渡り連載が休止してしまった。
1月31日にDMD-14のデッキ改造特集で久し振りの更新と相成り、エーツートモを除く全員が登場した。なお、話の中で「ハルを初めとした全員が『更新が久しぶり』だと言おうとしてアンに止められる」という自虐的な遣り取りが行われた。

後述のプロテクトの郵送に合わせたかったのか、この直後に発売されたカードゲーマーの出張記事に手間取ったのか、真実の程は定かではない。

ドラゴン・サーガ [編集]

DMX-17のデッキ開発記事を最後に再び更新が途絶えていた。記事の最後にカードゲーマー出張記事の宣伝がされていた事から、出張記事を優先させるためにコンテンツの更新を一時停止するようである。

革命編 [編集]

DMR-17のデッキ開発記事後、デュエル・マスターズ・グランプリ-1st直前企画として革命編環境で活躍するデッキを紹介したのを最後に更新が途絶える。その後、約4ヶ月ぶりにDMX-20DMD-28までの商品を全て紹介する記事が更新され、それが事実上最後の更新となった。

革命ファイナル [編集]

デュエル・マスターズ DASH TVやDASH TV S、DASH特選カードNEOといった関連コーナーが告知なく削除された。特選カードは公式サイト内「デュエ友ブログ」丸ごとの削除となる。

新章デュエル・マスターズ [編集]

新章デュエル・マスターズのスタートに合わせたホームページのリニューアルの際に、開発部へのリンクがカットされた。一時期バックナンバーが削除されていたが、ひっそりと復旧されている。但し、ページアドレスは変更されておりアーカイブに変わった事が読み取れる。
「デュエル・マスターズGP4th」のニコニコ生放送および主任Kのtwitterで(2017年)4月中に更新する旨の発表、同twitterで「月はまたぎそう」宣言があったが、結局更新は行われていない。一方で、この発表の2ヶ月後にタカラトミーの別TCG「WIXOSS」のコラムとして「デッキ開発部WX」が公開され、DMデッキ開発部のキャラクターが色々変化を遂げて登場している。

十王篇 [編集]

11月18日にホームページの統合・再リニューアルが告知され、旧ページのアーカイブのみに存在したデッキ開発部も削除されることが確定した。24日正午ほどに統合が行われ、それ以降デッキ開発部の記事を見ることは不可能になった。ニコニコ生放送およびTwitterで告知された通りのDMデッキ開発部更新は、最後まで実行されることはなかった。
12月にはDMRP-16の発売記念と題して公式Twitterのキャンペーンで公式関係者の私物をプレゼントする企画があり、開発主任Kからは「コンボノミコン・序章のみ2部」が出品された。

参考 [編集]