DM-15 「転生編(ジェネレート・ギア) 第2弾 神滅奥義継承(シークレット・オブ・ヒドゥン・ギア) [編集]

転生編2つ目のエキスパンション。2005年9月17日発売。全60種類。現在は絶版。
アクセルを持つクリーチャーが初登場。クロスギアクロスした状態で機能する能力

他にもS・トリガーでクロスギアのジェネレートどころかクロスまでできるS・トリガーXが登場。クロスギア全体の数も充実し、DM-14の流れのまま、クロスギアが大きく強化された。
特に強力なランデス効果を持つ《バジュラズ・ソウル》は全クロスギア中屈指の凶悪カードであり使用率もずば抜けていた。

有名なカードとして、

などがある。

転生リメイクカードも、《聖霊王アルカディアス》が転生した《聖霊王アルファディオス》を筆頭に数が充実。以前のクリーチャーをモデルにしたクロスギアも多い。
全体的に見ればそれほど革新的なギミックは登場しておらず、DM-14の拡張更新弾としての意味合いが強いエキスパンションである。

収録カード [編集]

スーパーレア [編集]

ベリーレア [編集]

レア [編集]

アンコモン [編集]

コモン [編集]

参考 [編集]