DMBD-06 「クロニクル・レガシー・デッキ2018 至高(しこう)のゼニス頂神殿(ちょうしんでん) [編集]

2018年8月10日発売。40枚入りで価格は価格は3300円(税抜)。

無色文明で構成されている。

注目すべきはデッキ内にゼニス13枚も収録されている所。超ヘヴィ級のデッキだが、従来の所謂【ターボゼニス】とは異なりこれらをマナブーストではなく《天運ゼニスクラッチ》《極頂秘伝ゼニス・シンフォニー》で踏み倒しまくるのが目的。《トライガード・チャージャー》S・トリガーを確実に仕込める。
また、全クリーチャーがアンノウンでもあるため、《極頂秘伝ゼニス・シンフォニー》《「汝は偽名なりや?」》の邪魔にならないようになっている。

高額なカードが大量収録されており、過去最高額の構築済みデッキと言えるかもしれない。その分、1枚ずつしか入っていないカードもあるので、改造するなら好みのゼニスを増やしてもいいだろう。
コスト踏み倒しメタには《「終焉」の頂 オーエン・ザ・ロード》さえ出せれば何とかしやすい。
欠点としては呪文S・トリガーが生命線なので、それらに対するメタカードには警戒を払わなくてはならない。

新規カードは、

  • DMBD-05とは「究極」と「至高」で対になっており、これは漫画「美味しんぼ」のパロディである。

収録カード [編集]

参考 [編集]