DMBD-13 「クロニクル最終決戦(ファイナルウォーズ)デッキ 覚醒流星譚(サイキックりゅうせいたん) [編集]

2020年8月22日。全23種48枚入り。税抜き4800円。
青赤緑の三色デッキである。

新規カードは

の6種類(《リュウセイ・ザ・ファイナル》の各面を数えると9種類)。

DMBD-14と共に超次元ゾーンを主軸としており、あちらはドラグハートが収録されているのに対し、こちらはサイキックが収録されている。
エピソード1,2に活躍したクリーチャー達も集結してファンサービス溢れた内容である。
強力な超次元呪文14枚も収録されており、マナが溜まり次第バンバンとサイキック・クリーチャーを並べていける。

しかし、戦術的には6コスト以下の中型・小型サイキック・クリーチャーをフィーチャーしたエピソード1より、コスト7以上の大型サイキック・クリーチャーをピックアップした覚醒編を昇華させた物と言える。
ビッグマナコントロールを加えた様なデッキ構成だがブロッカー超次元に1枚しかなく、それを補うためかS・トリガーの収録枚数が前年度の17枚をさらに上回る19枚と非常に多い。また、単純にマナブーストができるカードもメインデッキ内に22枚もあるため、安定してマナを伸ばすことができる。

デッキカラーは【超次元ビートダウン】を代表した青赤緑であり、元々がコントロール向けとは言えなかった為に心配の声もあるが、各カードのポテンシャル自体は高い。
新たな【超次元コントロール】として活躍できるか期待が寄せられる。

  • 汎用性の高いカードが多数再録されており、パーツ取りとして購入する事も検討できる。新規プレイヤーには入手困難だった大型サイキック・クリーチャーが一挙に揃ったのは嬉しい。
  • カードの右下にある収録番号を見ると全26種に思えるが、《フェアリー・ライフ》が全部で4種ある為、実際は全23種である。DMX-12初出の四季イラストのため、四季イラストファンにはうれしい所。

人気・情勢による品薄と発生した問題 [編集]

強力なカードが揃い踏みしているのもあり、昨今の新型コロナウイルスの影響もあってか出荷数がかなり絞られており、予約による定価以上での販売や発売日を待たずに予約分で完売という店舗・通販サイトも相次いだ。
中には転売・パーツ取りを目的とした大量買い占めと言った事例もSNS上で報告され、品薄ゆえに問題視された。
中古サイトでの高額転売や悪質な詐欺[1]も横行しており、かつてのファイナル・メモリアル・パック2種を思い起こさせる。

デッキの動かし方 [編集]

  1. 序盤はおなじみ《フェアリー・ライフ》《「アンノウンがナンボのモンじゃ!」》でデッキのスピードを上げる。速攻デッキには《最終決戦だ!鬼丸ボーイ》といったS・トリガーで乗り切る。
  2. 中盤には《超次元リュウセイ・ホール》《超次元フェアリー・ホール》といった超次元呪文を連発し、強力クリーチャー《真羅万龍 リュウセイ・ザ・ファイナル》覚醒させることを目指す。《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》を用意出来れば反撃と手札補充を兼ね揃えて一石二鳥。《リュウセイ・ザ・ファイナル》の効果バトルで盤面をコントロールしつつ、ドローとマナブーストで優位を広げていく。
  3. 最後は《姫様宣言プリンプリン》から《超覚醒ラスト・ストーム XX》を覚醒させ、大量のサイキック・クリーチャーエクストラウィンを狙う。そこまで欲張らずとも《唯我独尊ガイアール・オレドラゴン》《超覚醒ラスト・ストーム XX》を完成させればほぼ勝ちは決まる。

収録セット [編集]

メインデッキ [編集]

超次元ゾーン [編集]

参考 [編集]


[1] 外箱だけをプレミア価格で売りつけるなど