DMBD-13 「クロニクル最終決戦(ファイナルウォーズ)デッキ 覚醒流星譚(サイキックりゅうせいたん) [編集]

2020年8月22日。全23種48枚入り。税抜き4800円。
自然の三色デッキである。

新規カードは

の6種類(《リュウセイ・ザ・ファイナル》の各面を数えると9種類)。

DMBD-14と共に超次元ゾーンを主軸としており、あちらはドラグハートが収録されているのに対し、こちらはサイキックが収録されている。
エピソード1,2に活躍したクリーチャー達も集結してファンサービス溢れた内容である。
強力な超次元呪文14枚も収録されており、マナが溜まり次第バンバンとサイキック・クリーチャーを並べていける。

しかし、戦術的には6コスト以下の中型・小型サイキック・クリーチャーをフィーチャーしたエピソード1より、コスト7以上の大型サイキック・クリーチャーにピックアップした覚醒編を昇華させた物と言える。
ビッグマナコントロールを加えた様なデッキ構成だがブロッカーは1枚しかなく、それを補うためかS・トリガーの収録枚数が前年度の17枚をさらに上回る19枚と非常に多い。

デッキカラーは【超次元ビートダウン】を代表した青赤緑であり、元々がコントロール向けとは言えなかった為に心配の声もあるが、各カードのポテンシャル自体は高い。
新たな【超次元コントロール】として活躍できるか期待が寄せられる。

  • 汎用性の高いカードが多数再録されており、パーツ取りとして購入する事も検討できる。新規プレイヤーには入手困難だった大型サイキック・クリーチャーが一挙に揃ったのは嬉しい。

デッキの動かし方 [編集]

  1. 序盤はおなじみ《フェアリー・ライフ》《「アンノウンがナンボのモンじゃ!」》でデッキのスピードを上げる。速攻デッキには《最終決戦だ!鬼丸ボーイ》といったS・トリガーで乗り切る。
  2. 中盤には《超次元リュウセイ・ホール》《超次元フェアリー・ホール》といった超次元呪文を連発し、強力クリーチャー《真羅万龍 リュウセイ・ザ・ファイナル》覚醒させることを目指す。《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》を用意出来れば反撃と手札補充を兼ね揃えて一石二鳥。《リュウセイ・ザ・ファイナル》の効果バトルで盤面をコントロールしつつ、ドローとマナブーストで優位を広げていく。
  3. 最後は《姫様宣言プリンプリン》から《超覚醒ラスト・ストーム XX》を覚醒させ、大量のサイキック・クリーチャーエクストラウィンを狙う。そこまで欲張らずとも《唯我独尊ガイアール・オレドラゴン》《超覚醒ラスト・ストーム XX》を完成させればほぼ勝ちは決まる。

収録セット [編集]

メインデッキ [編集]

超次元ゾーン [編集]

参考 [編集]