DMBD-14 「クロニクル最終決戦(ファイナルウォーズ)デッキ 龍魂紅蓮譚(ドラグハートぐれんたん) [編集]

2020年8月22日発売。全22種48枚。税抜き4800円。
初となる白黒赤の三色デッキである。

新規カードは

の8種類(《ビギニング・スタート》の裏面含めると9種類)。

DMBD-13と共に超次元ゾーンを主軸としており、あちらはサイキックが収録されているのに対し、こちらはドラグハートが収録されている。
ドラゴン・サーガに活躍したクリーチャー達も集結してファンサービス溢れた内容である。
ドラグナードラグハート共に強力な物が揃っており、序盤からドラグハート・クリーチャー龍解していける。

ただし、ドラゴン・サーガの頃に大量収録されたドラゴン15枚しか入っておらず、近年のドラゴンデッキではかなり少なめ。
代わりに呼び出し先・呼び出す相手共に集めにくく、当時は希少だったドラグナー24枚も入っている。
これまではドラゴンをサポートする為にドラグハートを使っていたデッキが多かった(特に火文明で顕著)が、今度はドラグナーをサポートする為にドラグハートを使っていると言える。
また、これまで実現が難しかったドラグハート・ウエポンの重ね掛け戦術も行われており、ウエポン次第では強力なクリーチャーに変貌させうる事も可能。

総じてこれまでとは全く違うタイプのデッキと言える。単体でもデッキの主役になり得るカードが多く、研究のし甲斐があるだろう。

  • こちらもカードパワーの高いカードが多数収録されており、パーツ取りとして購入する事も検討できる。新規プレイヤーには入手困難だった3D龍解が一挙に3枚も揃ったのはありがたい。
  • カードの右下にある収録番号を見ると全25種に思えるが、《デーモン・ハンド》が全部で4種ある為、実際は全22種である。
  • 情報判明当初は「収録内容がDMBD-13と比べて微妙」という否定的な声も見られたが、発売後すぐに【連ドラグナー】が環境入りを果たした事で前評判は覆された。

人気・情勢による品薄と発生した問題 [編集]

強力なカードが揃い踏みしているのもあり、昨今の新型コロナウイルスの影響もあってか出荷数がかなり絞られており、予約による定価以上での販売や発売日を待たずに予約分で完売という店舗・通販サイトも相次いだ。
中には転売・パーツ取りを目的とした大量買い占めと言った事例もSNS上で報告され、品薄ゆえに問題視された。
中古サイトでの高額転売や悪質な詐欺[1]も横行しており、かつてのファイナル・メモリアル・パック2種を思い起こさせる。

デッキの動かし方 [編集]

  1. 序盤は《始まりの龍装具 ビギニング・スタート》を装備した《龍覇 グレンアイラ》《リロード・チャージャー》を使い、デッキの回転力を高めていく。小型クリーチャーや除去が豊富な為、序盤から攻める速攻デッキには滅法強い。
  2. 中盤ではコスト軽減した《最終龍覇 ボロフ》《最終龍覇 ロージア》《最終龍覇 グレンモルト》といった大型ドラグナーを並べていく。《龍覇 ラブエース》《爆龍覇 リンクウッド》があれば手札には困らない。
  3. 最後は《勝利の覇闘 ガイラオウ》《頂天聖 レオザワルド》といった大型ドラグハート・クリーチャーを龍解させ、盤面制圧した上で一斉攻撃を仕掛ける。単体で相手を圧倒する程のフィニッシャーが揃うため、相手によって使い分けが利くのが嬉しい。

収録セット [編集]

メインデッキ [編集]

超次元ゾーン [編集]

参考 [編集]


[1] 外箱だけをプレミア価格で売りつけるなど