DMC-44 「エンドレス・オール・デリート」 [編集]

スーパーデッキ・クロスシリーズの構築済みデッキ(デュエル・マスターズ)のひとつ。
原作の敵キャラクター・ザキラと、その配下・Y(イエスマン)の戦略が合わさったデッキという設定。2008年7月19日発売。現在は絶版

《エマージェンシー・タイフーン》《幻槍のジルコン》《黒神龍グールジェネレイド》などのクリーチャー墓地に送り、リアニメイトバトルゾーンに出すのがコンセプト

新規カード《インフェルノ・サイン》《幻槍のジルコン》の2種類。
また、このセットの発売以前絶版だった《黒神龍ジャグラヴィーン》《マリブ・ダンサー》《ストリーミング・シェイパー》再録された。

何と言っても4枚積みの《黒神龍グールジェネレイド》が目を引く商品。スーパーレアなので集めるのに苦労する場合も多かったのだが、それがまとめて手に入るのは有り難い。これをもとに【グールジェネレイド】【ドラゴン・ゾンビ】を組んでみるのもいいだろう。

リアニメイトに目が行きがちだが、地味にブロッカーも多く、質の良い手札補充と相まってスムーズに戦える。

収録カード [編集]


【除去コントロール】【グールジェネレイド】を折衷したようなデッキ除去が豊富でリアニメイトが得意なため、長期戦に非常に強い。そのまま【グールジェネレイド】【ドラゴン・ゾンビ】の基盤に出来る。
素ではゲキ&メツ《黒神龍ジャグラヴィーン》など、やや浮いてしまっているカードがデッキスロットを圧迫している。しかし、《黒神龍グールジェネレイド》《インフェルノ・サイン》を始めとしたパワーカードを多く内包し、リアニメイトによる爆発力もあるため、改造すると一気に強力になるデッキである。

戦い方としては《エマージェンシー・タイフーン》《幻槍のジルコン》《黒神龍グールジェネレイド》フィニッシャー墓地に落とし、《インフェルノ・サイン》《インフェルノ・ゲート》リアニメイトする。
《魔龍バベルギヌス》自壊することで、《黒神龍グールジェネレイド》の蘇生を誘発しながら大型フィニッシャーリアニメイト出来るため、大量の打点を一度に形成できる明確な勝ち手段となる。

墓地肥やしの中である程度手札コントロールが出来、軽量除去《デス・スモーク》や、《マリブ・ダンサー》《幻槍のジルコン》などブロッカーもいるため序盤の立ち回りはそう難しくない。
ただ《黒神龍グールジェネレイド》フィニッシャー手札にたまりこむと一気に動きにくくなるので、時にはそれらをマナに置くことも考えたい。

改造案としては、中途半端な枚数の火文明の扱いもそうだが、まずは《インフェルノ・サイン》の増量をすべき。リアニメイトの中核でありS・トリガーでもあるため、増やすだけでもデッキを大きく強化する。
他には手札事故を防ぐために《エナジー・ライト》などの軽量ドロー、横展開と【速攻】対策の《地獄スクラッパー》、汎用ハンデス《解体人形ジェニー》などがコントロールカードの候補となる。
《龍神ヘヴィ》を導入すると、《黒神龍グールジェネレイド》の展開を容易なものにしてくれる。

またリアニメイトの候補を差し替えることで、このデッキの性質が大きく変わってくる。
候補として真っ先に挙がってくるのは《邪眼皇ロマノフI世》だろう。《インフェルノ・サイン》の再利用ができ、cip《黒神龍グールジェネレイド》墓地に落とすことが出来る。
《龍神ヘヴィ》を入れた場合、相方である《龍神メタル》を入れることでG・リンクを狙うことが出来る。単体での汎用性も高く、【速攻】を積ませることが出来るのは大きい。
《マイキーのペンチ》《魔龍バベルギヌス》リアニメイトすることで、《黒神龍グールジェネレイド》スピードアタッカーにしワンショットを狙うことが可能となる。

7コスト以下の非進化クリーチャーなら何でもリアニメイト出来るため、いろいろなギミックや戦術が考えられる。

参考 [編集]