DMC-45 「BATTLE of YAMATO魂(バトル・オブ・ヤマトダマシイ) [編集]

2008年11月23日発売。現在は絶版
スーパーデッキ・クロスシリーズの構築済みデッキ(デュエル・マスターズ)の一つ。
原作の主人公・切札 勝舞と、その父親・切札 勝利がそれぞれ使用するカードや戦略が組み合わさっている。

サムライドラゴンを駆使して戦うビートダウンデッキ自然のデッキ故に安定性と防御力に欠けるが、《緑神龍バルガザルムス》G・ゼロによる爆発的な展開力はスーパーデッキ随一。ここに《竜装 ザンゲキ・マッハアーマー》を投入すれば【剣誠型サムライ】の基礎が出来る。

新規収録カードはこのデッキのメインであり切り札である《ボルメテウス・剣誠・ドラゴン》のほか、《武装剣心シシオウ》《武装竜鬼ジオゴクトラ》《武装竜鬼ボルグゲンパク》《雷刃 ブシドー・スピリット》《風刃 カミカゼ・スピリット》《龍刃 ヤマト・スピリット》の計7種類。

収録カード [編集]

  • 戦略は以下。
  1. 序盤は《青銅の鎧》でマナ加速を行い、《風来の股旅ビワノシン》で切り札を集めつつ、攻撃を仕掛けていく。
  2. 中盤は《緑神龍バルガザルムス》でさらなるマナ加速と手札補充を行い、《武装竜鬼ジオゴクトラ》で味方を強化させていく。防御はS・トリガー《雷刃 ブシドー・スピリット》等の除去に任せる。
  3. 終盤は《ボルメテウス・剣誠・ドラゴン》を始めとするドラゴン軍団で一斉攻撃を仕掛ける。《武装竜鬼ボルグゲンパク》があればマナゾーンから切り札を回収できる。
  1. クロスギアを多用することが多いのに、侍流ジェネレートを有するカードが少なく、ステロイドカラーのデッキの割にテンポが遅くなりがちだった。バニラ同然の《武装剣心シシオウ》はともかく、《風来の股旅ビワノシン》による初動が4ターン目以降になるのは遅すぎる。
  2. サムライデッキにも関わらずサムライを持たないカードも多く、サムライのみをサポートするカード、ドラゴンのみをサポートするカードがまぜこぜになっており統一感がない。
  3. 《武装剣心シシオウ》のように直接的なアドバンテージを取れないものや、出した所ですぐに効果を発揮できないクロスギア、発動が遅いアタックトリガーのクリーチャーが殆どだったのも大きく、その上でビックマナ級のマナを要求するのでは無理があった。
  4. 手札補充が微妙に足りない。《風来の股旅ビワノシン》《緑神龍バルガザルムス》の様に手札補充してくれるカードはあるものの、一ターンに1枚が限度。この為《バルケリオス・ドラゴン》《ボルメテウス・剣誠・ドラゴン》の様に手札に揃えたいカードを集めるのは難しかった。逆に《武装竜鬼ジオゴクトラ》は手札をどんどん消費していくのだが。
  5. シナジーの低いカードの中でも代表的なのが《青銅の鎧》である。サムライを持たず、パワーも低いのでこのデッキに収録されているクロスギアで強化も出来ず、コストが低いので《武装竜鬼ジオゴクトラ》種族の追加も出来ず、《インフィニティ・刃隠・ドラゴン》の邪魔になり・・・。と噛み合わない点を挙げればキリがない。残念ながらこのデッキの改造時には真っ先に抜けてしまうだろう。いや、それらのサポートカードを減らす方が先かもしれないが。
  6. 《雷刃 ブシドー・スピリット》《緑神龍バルガザルムス》のようにビートダウン向けのカードも多いが、本デッキでのクリーチャーのパワーが全体的に低めな為、大きいブロッカーが1体いるとすぐ止まってしまう。パワー6000以下のクリーチャーを除去する手段は豊富にあるが、それ以上のクリーチャーを除去する手段が《ボルシャック・大和・ドラゴン》存在時の《ボルメテウス・剣誠・ドラゴン》《ナチュラル・トラップ》程度しか無かったからである。対するDMC-46に収録されているクリーチャーは全体的にパワーが高めだったので猶更際立った。
  7. キーカードである《ボルメテウス・剣誠・ドラゴン》《インフィニティ・刃隠・ドラゴン》が一枚しかないケチな仕様も目に付く。後のDMC-59 「武者見参(サムライ・アンビシャス)」と比べると違いが分かる。

参考 [編集]