DMC-58 「マッド・ロック・チェスター」 [編集]

2010年1月30日発売。現在は絶版
スーパーデッキ・サーガシリーズの一つ。ザキラが使うデッキという設定。
ロマノフを中心としたデッキ。

新規収録カードは《邪神C・ロマノフ》《プライマル・スクリーム》《邪神M・ロマノフ》《邪神R・ロマノフ》《邪眼獣ヤミノディヴィジョン》《爆進デス&リバース》の6種類。
全体的に新規収録が多いことと主役カードのマッド・ロック・チェスターの形態を鑑みると、DMC-40 「ヘヴィ・デス・メタル」の構成を受け継いだデッキになっていると言えるだろう。

他のスーパーデッキ・サーガと同じく、一枚絵からイラストを切り取る形をとっているが、今回はイラストレーターが統一されておらず、また一枚絵となっているのはクリーチャーだけである。
その為か、フルフレームフォイルとなっているのもクリーチャーのみである。
呪文スーパーデッキ・ゼロと同じ、銀枠の通常仕様となっている。再録されたものは、既存のイラストを使用している。

  • ちなみに元ネタの「マッドチェスター」とは英国マンチェスターを中心に起こったドラッグロックムーブメントのこと。DMC-40 「ヘヴィ・デス・メタル」に比べればマイナーではあるが、今回もロック関係からネタを引っ張ってきたようだ。《プライマル・スクリーム》、《邪眼獣ヤミノディヴィジョン》など、関連したカード名もいくつか見られる。
  • パッケージには《邪神M・ロマノフ》について「Mデッキ進化成功率99%」と書いてあるが、詳しく計算すると実際の確率は91%。改造すれば確率は上下するが、表記通りに99%以上にしたければ呪文クリーチャーではないカード)は9枚しか入れられない。
    • ツインパクトの登場以降はMデッキ進化を本当に99%、やろうと思えば100%成功させる事も現実的なレベルで可能となったが、そもそも当人はプレミアム殿堂となっている為、全く活用する事はできない。

収録カード [編集]


全体的に、DMC-56 「ザ・サムライ・レジェンド」DMC-57 「ザ・ゴッド・キングダム」に比べてカード間のシナジーが強い。コンセプトデッキとしての完成度はかなりのものである。

戦い方としては、《クリムゾン・チャージャー》《プライマル・スクリーム》マナ墓地のプールを肥やしつつ、それらから《邪神M・ロマノフ》《邪神C・ロマノフ》呪文を唱えるのが基本的な動きとなる。
《邪神M・ロマノフ》《邪神C・ロマノフ》らのポテンシャルが高く、《デーモン・ハンド》での除去は勿論、《爆進デス&リバース》で盤面差を広げたり、《憎悪と怒りの獄門》で逆転を狙ったりなど、適宜唱える呪文を使い分けることでゲームを優位に運ぶことが出来る。

《邪神M・ロマノフ》《邪神C・ロマノフ》メテオバーンを使ったら、片割れや《邪神R・ロマノフ》G・リンクすることで打点を補強しつつメテオバーンの種を補充する。
《邪神R・ロマノフ》は素では能力を持たず、また超無限墓地進化であるため、ほぼメテオバーン補充のためだけの存在である。

後半になったら、肥えた墓地を生かして《邪眼皇ロマノフI世》《魔光帝フェルナンドVII世》《暗黒皇グレイテスト・シーザー》でフィニッシュを狙いたい。

改造案としては、マナプールをよくするために自然を投入することか。《青銅の鎧》《ダンディ・ナスオ》《天真妖精オチャッピィ》など優秀なものが揃っている。
中でも《邪神M・ロマノフ》《邪神C・ロマノフ》に特化した構成は強力であり、《大地と永遠の神門》を唱えることで次々と《邪神M・ロマノフ》《邪神C・ロマノフ》を投げつけることが出来る(【連神】)。その過程でヘヴィ・デス・メタルを絡めるのも面白いだろう。

そもそも《邪神M・ロマノフ》が単体でコンセプトとして成立する純然たるパワーカードであるため、《邪神M・ロマノフ》のためだけに特化した方が強くなりがちなのはジレンマか。詳しくは【マッドロマノフワンショット】【Mロマノフビート】【超次元ビートダウン】【マッドジョンタッチャブル】らを参照すると良い。

このデッキを使う上で注意が必要なのはライブラリアウトMデッキ進化で強制的に3枚の山札を削る《邪神M・ロマノフ》や、墓地肥やしの代表である《プライマル・スクリーム》の使いすぎには注意。
これらを使った状態で運悪く《猛菌魚雷ヤサカノフカ》ブレイク・ボーナスが誘発しようものなら、あっという間に敗北寸前に追い込まれる。

参考 [編集]