DMPP-01~DMPP-05環境(デュエル・マスターズ プレイス) [編集]


  1. DMPP-01「超獣の始動 -MASTER OF DUEL-」期
  2. DMPP-02「伝説の再誕 -RETURN OF LEGENDS-」期
  3. DMPP-03「英雄の時空 -ETERNAL RISING-」期
  4. DMPP-04「混沌の軍勢 -REBELLION SYMPATHY-」期
  5. DMPP-05「永遠の戦渦 -VORTEX OVERLOAD-」期

DMPP-01「超獣の始動 -MASTER OF DUEL-」 [編集]

カードプールは第1弾220種に加えベーシックカード70種の計290種。
《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》をキャンペーンで入手できた事から【ボルメテウスコントロール】が流行した。他には《ツインキャノン・ワイバーン》《大勇者「ふたつ牙」》等のスーパーレアやベリーレアのパワーカードをふんだんに使用した【青赤緑ビートダウン】 、おなじみの【赤単速攻】【リキッド・ピープル】など、【速攻】や【ビートダウン】が多く見られた。

このカードプールでは「速攻ビートダウンに強く、ビートダウンはコントロールに強く、コントロールは速攻に強い」という三すくみが成立しており、バランスが取れていた時期と言える。

《ミラージュ・マーメイド》は条件を満たせば3枚ドローという強烈なアドバンテージに加え、cipが無条件となり強化されたサイバーロード《ペコタン》と組み合わせやすいという点から水入りデッキで多く使われた。

《聖霊王アルカディアス》は一度出されると対抗手段が乏しく制圧力が高かった。特に呪文を多用する【ボルメテウスコントロール】に強烈に刺さり、一定の成果を出していた。【ターボバロム】も地雷として活躍した。

《二角の超人》は若干の弱体化を受けたが、マナ回収による手札補充のメリットが大きく、コントロールで広く採用された。

【赤単ヴァルボーグ】を除く【赤単速攻】青単ベリーレア以上のカードの必要枚数が少なく、課金をしなくてもデッキを作りやすかった。

ベーシックカードやレア以下のカードでも《アクア・ハルカス》《光輪の精霊 ピカリエ》などの有用なカードも多く存在し、ベリーレア以上のカードに頼らずとも基本的なデッキを構築することが可能であった。
プレイヤーの中には無課金・微課金で楽しむ層もおり、カードを集めやすい・デッキを組みやすいという事情はTCG版以上に大きな影響を及ぼしている。

この時期に活躍したカード・アーキタイプ [編集]

DMPP-02「伝説の再誕 -RETURN OF LEGENDS-」 [編集]

全85種が追加。《アストラル・リーフ》《アクアン》《超竜バジュラ》といったTCG版で活躍したパワーカードが調整され参入した。

《アストラル・リーフ》はパワーが3000に変更になったことと、《マリン・フラワー》が不在であり最速2ターンでの召喚が不可能になる弱体化を受けた。
《アクアン》は手札に加える最大数が5枚から3枚に下方修正された。
《超竜バジュラ》ランデスがランダムになり意図的にマナの色を削る動きができなくなった。


2000火力に《クリムゾン・チャージャー》《テンペストザウルス》が追加されたためパワー2000以下のウィニーは肩身が狭くなった。

この弾で登場した《サウザンド・スピア》が、環境初期には多大な影響を与えることになった。
これまではとりあえず初動で出しておいて損のなかった《アクア・ハルカス》《青銅の鎧》《光輪の精霊 ピカリエ》はもちろん、新たに登場した《傀儡将ボルギーズ》《光器ペトローバ》などの中型すらも刈り取るパワーカードとして多くのプレイヤーに認知されることになる。

《クリムゾン・チャージャー》《サウザンド・スピア》以外にも《ブレイン・チャージャー》《リバース・チャージャー》《黒神龍ゾルヴェール》も獲得した【ボルメテウスコントロール】が流行した。前期から【ボルコン】を使っていた人だと、デッキ改造の出費がレア以下で済み、気軽に組めたということも関係している。
これによりパワー4000以下を並べるデッキが減り、環境が低速化することになる。

それらの影響によりブロッカーの信頼性が低い環境となり、対ブロッカー性の高い【リキッド・ピープル】は採用率を大きく落とした。

しかし、徐々に【ボルメテウスコントロール】《アストラル・リーフ》《アクアン》入りの構築にはリソースを奪いきれず攻撃に転じるスキが生まれにくいということが発覚。勝ちパターンに陰りが生まれたため採用率が低下することになる。
加えて、強力と思われていた《サウザンド・スピア》も、【ボルメテウスコントロール】のような特殊なデッキでもない限り、自分のクリーチャーも巻き込むデメリットの存在が非常に痛く気軽にデッキに組み込めるものではなかった。
環境の2大デッキとなった《アストラル・リーフ》《アクアン》のデッキでは《サウザンド・スピア》を入れられない、または入れる必要がないという状況のため、非常に強力な効果を持ちながら採用されるデッキと遭遇する機会は減り、事実上《サウザンド・スピア》の脅威は消え去っていくことになった。

【速攻】【ボルメテウスコントロール】による《サウザンド・スピア》での盤面リセット後も、攻めるための手札が維持できる《アストラル・リーフ》を入れた構築が大多数を占めるようになった。青赤青緑が人気であり、青単もしばしば採用された。DMPP-01環境では評価の低かった《マーチング・スプライト》が、《アストラル・リーフ》の展開と合わせて大量ドローできることから大きく評価を上げていった。
《アストラル・リーフ》を入れない【速攻】は、《凶戦士ブレイズ・クロー》《スナイプ・モスキート》《怒髪の豪腕》《シビレアシダケ》《レベリオン・クワキリ》を軸とした速さを突き詰めた形の【赤緑速攻】と、《アクアン》による手札補充と《光器ペトローバ》で火力に耐性を持たせる【白青ガーディアン】程度となった。【赤緑速攻】はSRを1枚も入れずに組むことができるので無課金層に好んで使われた。

《アストラル・リーフ》cipの3ドローはビートダウン以外でも優秀な効果だが、低パワーバニラの《エレガント・ランプ》を採用せざるをえない関係上、欠点をごまかせるビートダウンが基本となる。詳細は【アストラル・リーフ】(デュエル・マスターズ プレイス)を参照。

手札補充には《アクアン》も強力であり、【アクアンホワイト】【アクアンブラック】【アクアンホワイトブラック】が環境に進出した。水文明のマナには、この環境のカードプールでは最上位のS・トリガーである《アクア・サーファー》を無理なく採用できる。両者を4積みしても残り32枚は自由に選択できるので構築の幅は広い。
切り札には光の《聖天使クラウゼ・バルキューラ》《守護聖天グレナ・ビューレ》《聖霊王アルカディアス》などを、闇では《凶骨の邪将クエイクス》《悪魔神バロム》などを核とすることが多い。
どちらの文明にも強力なS・トリガー(《ホーリー・スパーク》《デーモン・ハンド》など)があるため汎用性も損なわない。《光器ペトローバ》《傀儡将ボルギーズ》を始め、便利なカードも多く登場している。

環境上位に君臨したものは【アストラル・リーフ】と【アクアン】、その他のデッキが追随する形に。
DMPP-01環境で僅かに使用されていた【二角コントロール】も、この頃使用されることが多くなった。
キーカードが似たものになることが多くなり、同じパワーのクリーチャーをお互いに並べているなら強力な除去札となる《クエイク・ゲート》も再浮上した。アンタップキラー付与のためアンタッチャブルを貫通でき《光器ペトローバ》を除去できた点も環境にマッチしていた。

対戦バランスは、【リーフ】、【アクアン】、その他のデッキ間で有利・不利の相性関係が成立しており、特定のデッキが環境を支配することはなかった。
しかし、《リーフ》も《アクアン》も使わない場合は、《アクア・ハルカス》《卵胞虫ゼリー・ワーム》など低資産カードだけではそのリソース差を覆すことが困難という側面も見られた。マッドネスが1枚も存在していなかったため、リソース確保が得意なデッキでリソース確保の苦手なデッキにハンデスをしていると一方的に蹂躙してしまいがちである。
こうして、強力なカードが増えた一方でそれらのカードの恩恵を受けられないデッキタイプ(特に低予算で組める速攻デッキなど)は苦戦を余儀なくされた。【赤緑速攻】が一部でしぶとく用いられた程度で、多くはメタゲームからの撤退を余儀なくされた。

この時期に活躍したカード・アーキタイプ [編集]

DMPP-03「英雄の時空 -ETERNAL RISING-」 [編集]

全85種が追加。多種族クリーチャー、多色カードが登場した。
《アクアン》は多色が参入したことでデッキ内の水と光または闇の共存が安定し、使いやすくなった。
《光器ペトローバ》は多種族を選ぶと、その全ての種族を選んだ扱いになる裁定になる強化を受けた。

この弾では、デュエプレで初となる「リリース後、対戦バランス調整目的のテキスト変更」、所謂ナーフが行われた。
対象となったのは《ダイヤモンド・ブリザード》のみであり、以下の項目では調整前・調整後を分けて記述する。

《ダイヤモンド・ブリザード》調整前(〜Ver.1.2.0) [編集]

《ダイヤモンド・ブリザード》は「回収したスノーフェアリーの分だけ山札の上からマナブースト」という能力が足され、大幅に強化。《怒髪の豪腕》の相互互換に上方修正された《愛嬌妖精サエポヨ》をはじめとするスノーフェアリーがいくつか追加された事も手伝い、第3弾実装直後は【ダイヤモンド・ブリザード】(デュエル・マスターズ プレイス)が環境を席巻した。デッキの作成難度が低かったことも流行に拍車をかけた。

スノーフェアリーは《光器ペトローバ》を出さなければクリーチャー全体のパワーが低いので、《聖天使グライス・メジキューラ》をバトルで突破できないという弱点があった。
そのため【イニシエート】【二角コントロール】が対抗デッキとして登場した。
イニシエートのキーカードである《聖天使グライス・メジキューラ》《ダイヤモンド・ブリザード》より軽いコスト、《ブリザード》に勝てるパワー、相手の攻撃を阻止できる能力を持ちながら《火炎流星弾》などのブロッカー破壊の対象にならずタップでも無力化しないことなどが評価され、この時期に強さが周知された。

さらに《神滅竜騎ガルザーク》を活用したビートダウン型【黒赤緑ドラゴン】も、【ブリザード】が動き出す前に殴り勝てる可能性があることから環境に進出した。

この時期の《無双竜機ボルバルザーク》だが、《ブリザード》のナーフ実施より前に《聖天使グライス・メジキューラ》《バースト・ショット》により速攻デッキに厚くし、《バースト・ショット》と相性の良いシールド追加持ちかつ《メジキューラ》の進化元になる《無頼聖者スカイソード》を入れ、フィニッシャーに《ボルバルザーク》を添えた白赤緑デッキ(通称「【リースボルバル】」)が開発されていた。

《ダイヤモンド・ブリザード》調整後(Ver.1.2.1〜) [編集]

【ブリザード】の弱体化後は、【ブリザード】の存在で難しかった追加ターンのハードルが下がった《無双竜機ボルバルザーク》【黒赤緑ドラゴン】が環境での存在感を増していった。

《神滅竜騎ガルザーク》は「条件付きでスピードアタッカー、自分の闇のドラゴンが破壊された時に相手1体を除去できる」という能力が付加された。定番除去の《デーモン・ハンド》などで破壊しづらいという厄介な性能を持ったパワーカードである。当時のドラゴンは【デアリ(黒赤緑)ガルザーク】とも呼ばれるなど、デッキの顔となっていた。
【黒赤緑ドラゴン】(デュエル・マスターズ プレイス)では、《コッコ・ルピア》を絡めた最速5キルデッキ、軽量除去に弱い《コッコ》を省いた《龍の呼び声》デッキ、相手の《ガルザーク》の破壊に対する避雷針として《青銅の鎧》を採用するデッキ、《幻想妖精カチュア》の自壊付与で《ガルザーク》のトリガー能力を能動的に使うデッキなどが存在し、多様性に富んでいた。
相性のいい《黒神龍ゾルヴェール》のみでは後半に息切れしやすいという欠点を補うため、水文明を足し、青黒赤緑または青黒赤にするデッキも登場している。

《無双竜機ボルバルザーク》追加ターンを得るのに「開始10ターン以降に召喚する」と条件がついた。だが、この環境では10ターンで勝負が決まらないということは珍しいことではなく、コントロールのフィニッシャーから、ビートダウンでのダメ押しの一手などにも盛んに採用された。新たに付加された「召喚時にS・トリガーが使えなくなる」デメリットは、1ターンのみのためプレイングで容易にカバーができる。
10ターン以上の長期戦を見越したデッキでは、色さえ合えばどんなデッキにも採用されるまでに至り、環境にその名が轟くこととなった。
基本的に《ボルバルザーク》デッキは10ターン以上の長期戦を見据えているため、《ホーリー・スパーク》《ロスト・ソウル》といった強力な遅延性能を持つカードをよく採用する。
そのため、高いリソース補充力を持つ《アクアン》と組ませた《陽炎の守護者ブルー・メルキス》をフィニッシャーにしたコントロールデッキも開発された。

序盤に弱い【ガルザーク】や《ボルバルザーク》のメタとして各種の速攻が盛り返した。
一時は弱体化の影響で数を減らした【ブリザード】だが、速攻軸のデッキ性能は健在だったため、《ボルバルザーク》の分水嶺である10ターン未満に勝つことを目的として復活を果たす。
ボルバルザークカップで上位進出を果たしたプレイヤーに数多く使われており、《ボルバルザーク》デッキが互いにメタを張り合っていたスキを突く形になった。

【赤緑速攻】《冒険妖精ポレゴン》の登場により1コストクリーチャーを12枚にできるようになり、《無頼勇騎ゴンタ》も獲得するなどデッキ自体も強化されている。
【青単速攻】は、速攻の弱点であるハンデスには手札補充で対抗でき、ブロッカーや中型クリーチャーにはバウンステンポアドバンテージを得られることから一時期活躍した。しかし、手札補充を活かした物量と軽量バウンスの《スパイラル・スライダー》で崩していくなら【青緑ブリザード】で十分であったため、徐々に消えていった。

これまでファンデッキとして使われていたトリガーデッキは、リソース確保と暴発ギミックに使える《黒神龍ブライゼナーガ》を獲得。S・トリガーの種類は充実しきっていないものの、速攻デッキには豊富なS・トリガーで対抗できることから、【ブライゼボルバル】(デュエル・マスターズ プレイス)として環境に登場した。

「ガルザークカップ」初期以降は、【ボルバルザーク】が跋扈する形で環境が停滞した。
能力で得られるアドバンテージの最大値は《ボルバルザーク》すら上回る《神滅竜騎ガルザーク》、他のカードでは到底実現できない展開力を誇る《ダイヤモンド・ブリザード》という対抗馬は存在するものの、前者はドラゴンサポートが必須、後者はスノーフェアリーが必須なため【ボルバルザーク】を駆逐するほどの活躍には至っていない。

なにより、《ボルバルザーク》《ガルザーク》《ブリザード》のいずれかより爆発力のあるカードがカードプールに存在していないというどうしようもない問題を抱えている。

10ターン以上の戦闘になるデッキ[2]ではほぼ100%《ボルバルザーク》が採用され、《ボルバルザーク》に勝つために相手より上手く《ボルバルザーク》を使わざるを得ない、《ボルバルザーク》を採用しないデッキは《ボルバルザーク》でフィニッシュさせないことに終始せざるを得ないという歪な対戦環境になってしまった。流石に本家よりはマシだが、第二のボルバル・マスターズと言う声もある。

  • 第2弾環境でも《アストラル・リーフ》が環境を支配していたが、そちらは一応進化元であるサイバー・ウイルスが必要ということでデッキ構築に制限があった。
    また《アストラル・リーフ》だけではパワーの低さという穴があったため、第3弾環境よりは既存のデッキタイプをメタる余地がある環境だった。
    前述の通り第3弾環境はごく一部だけカードパワーが高すぎるということが災いして、成熟して出来上がったデッキタイプをメタる余地がほぼなかったのである。

この時期に活躍したカード・アーキタイプ [編集]

DMPP-04 第4弾「混沌の軍勢 -REBELLION SYMPATHY-」 [編集]

全85種が追加。
《剛撃戦攻ドルゲーザ》、多数のウェーブストライカー《ヘブンズ・ゲート》が登場し、それぞれ環境で活躍した。

【白抜き4色ボルバル】【ヘブンズ・ゲート】の2つのデッキが4弾環境のトップメタとなった。
ボルバル・マスターズと呼べる状況は全く変わっておらず、《無双竜機ボルバルザーク》は多数のデッキフィニッシャーを務めた。

【ボルバルザーク】は、環境に特定のキーカードに頼ったデッキが多いため、ハンデス除去で相手をコントロールする【白抜き4色ボルバル】が一般的だった。
新たに登場した《エクストリーム・クロウラー》で、《腐敗電脳アクアポインター》などを使い回せるようになった。

【ヘブンズ・ゲート】では、3種の多色ブロッカー《無双竜機ボルバルザーク》切り札となった。
場に残れば相手の展開を大きく縛れる《悪魔聖霊バルホルス》、速攻相手に強い《血風聖霊ザーディア》環境で最大級のサイズを持つ《剛撃聖霊エリクシア》が採用され、特に《エリクシア》のフルスペックを成立させるために5色で構築される。
《ヘブンズ・ゲート》のためのドローソースや、速攻対策などを積むとデッキの枠が限られるため、《光輪の精霊 ピカリエ》《神門の精霊エールフリート》のような優秀な潤滑剤であっても採用されないことがあるのも大きな特徴である。

コントロールの隆盛により、【ボルメテウスコントロール】が再び環境に浮上した。《ヘブンズ・ゲート》など強力なS・トリガーを完封できる点が大きい。

【ジャイアント】《剛撃戦攻ドルゲーザ》以外にも、大型クリーチャーの展開を強力にアシストする《西南の超人》《剛撃戦攻ドルゲーザ》シンパシー補助とドローソースを兼ねる《ハルク・クロウラー》などサポートも充実した。
フィニッシャーには《ドルゲーザ》と同じくシンパシーを持つ《大宇宙ゼクウ》が用いられた。《二角の超人》や《ドルゲーザ》で得た大量の手札から1マナで出せる疑似スピードアタッカーT・ブレイカーとして活躍した。
一度動き出すと高速で手札を確保できるが、《西南の超人》を除去されると展開が辛く、中堅止まりとなった。

【ウェーブストライカー】《堅防の使徒アースラ》等のコスト3の5体と《マッチョ・メロン》の合計6体がW・ブレイカーを持つようになった。
構築の幅はかなり広く、《略奪秘宝ジャギラ》の強力なハンデスや《薔薇公爵ハザリア》の除去などで粘り強く戦う白黒緑型、ともにコストが減った《星雲の精霊キルスティン》《アドラス》の2大ウェーブストライカーを採用した白青黒型などがある。
無課金層には、スーパーレアウェーブストライカーを省いた白赤緑型が人気を博した。
順当にウェーブストライカーを並べていけば速攻に近い速さでゲームを終わらせることができたため、前環境で活躍した【黒赤緑ドラゴン】含むビートダウンは衰退し、環境コントロール速攻の二極化を辿ることとなった。

《悪魔聖霊アウゼス》タップキルに特化した【アウゼス】も登場した。

《電磁無頼アカシック・サード》は、バトルすれば入れ替わったクリーチャーがそのまま居座るようになり、入れ替え先のcipも使用可能という大きな変更を受けた。コンボデッキにはもちろん、ファッティの多めなデッキで速攻への殴り返し要員として採用されるなど、大きな存在感を示した。

環境に自然のクリーチャーが多かったので、《バキューム・ジェル》が「コストが同じでS・トリガーがついている《デス・スモーク》」感覚で、環境のメタカードとして活躍した。
上述の【ジャイアント】【ヘブンズ・ゲート】、前環境から引き続き環境に残った【ダイヤモンド・ブリザード】など仮想敵は多い。
また、マッドネス自然文明と文明にしかなく、ハンデス時に出てきたクリーチャーを低コストで除去できることから、ハンデス主体のデッキにも採用されている。

速攻《予言者クルト》《血風神官フンヌー》を獲得し、《守護聖天ラルバ・ギア》を採用しないタイプの【赤白速攻】が生まれた。【ウェーブストライカー】が並ぶ前に勝てる可能性を買われた。

【ダイヤモンド・ブリザード】【青緑ブリザード】以外にも《ダイヤモンド・ブリザード》の弱体化で環境から姿を消した【白緑ブリザード】が復活している。
低パワーの除去や【ウェーブストライカー】の殴り返しに《光器ペトローバ》【ヘブンズ・ゲート】の大型ブロッカーの対策に《ホーリー・スパーク》を積むことで中盤以降の展開に備えている。

【青赤緑ビートダウン】《無頼勇騎ゴンタ》《一徹のジャスパー》《電磁無頼アカシック・サード》進化元にする《永刻のクイーン・メイデン》が軸となった。【メイデンビート】とも呼ばれるようになった。

  • イニシエート【アクアンホワイトブラック】は、パワーでは【ヘブンズ・ゲート】に負けること、【ウェーブストライカー】は一度展開されると対処が困難であること、他に優秀なコントロールデッキがあることから、使用率が大きく低下した。

この時期に活躍したカード・アーキタイプ [編集]

DMPP-05 第5弾 「永遠の戦渦 -VORTEX OVERLOAD-」 [編集]

全85種が追加。

DM-12で登場した5体の進化VDM-13《龍炎鳳エターナル・フェニックス》の6体はすべて、進化元と能力が変更され、一部ではコストも小さくなる上方修正がされている。
合わせて優秀な進化元も多数登場した。

エターナル呪文の登場で、デッキ構築により幅が出るようになった。
最大で1:4交換ができる《英知と追撃の宝剣》は、マナの伸びた相手にはランデスが利敵行為のマナ回収になりうる弱点はあれど、盤面制圧に関しては非常に優秀。そもそも、マナの伸びていない相手に使えば、マナ回収ランデスをしたところで重いカードは使うことを許さない。
【速攻】や中速ビートダウンに対しては《憎悪と怒りの獄門》でカウンターが取れるようになった。
《魂と記憶の盾》はコストが1重くなったとはいえ進化クリーチャー以外には軽量確定除去として使うことができる。コスト3以下を除去すれば1ドローが付いてくるため手札の消耗を抑えられる。

《アポカリプス・デイ》の登場で、大量展開にリスクが伴うようになった。
特に、【ダイヤモンド・ブリザード】【ウェーブストライカー】は悪影響が大きい。

S・トリガーと1000火力cipを持つ《ピアラ・ハート》、1000パワー低下cipを持つ《貴星虫ドレインワーム》が登場しており、パワー1000クリーチャーの場持ちが悪くなった。
【速攻】の逆風になっている反面、《ピアラ・ハート》《テンペストザウルス》に代わる速攻ミラー対策にもなっている。

既存のデッキタイプも、新カードの登場で強化されている。

バランス調整前(〜Ver.1.4.2) [編集]

シールド焼却と場を離れた時にオールハンデスを放ち、ランダムハンデスも自己サルベージで対抗できる《暗黒王デス・フェニックス》は、前環境トップの【ボルバルザーク】【ヘブンズ・ゲート】に有利なため注目を集めた。しかし【速攻】相手には進化Vする暇なくやられ、コントロール相手には進化元を除去され続けて進化Vができないという問題を抱えていたため、流れを変えることはできなかった。
それでも上手くハマった時には反撃の猶予を与えず勝てることから、環境に少なからず存在していた。

結局、4弾環境上位のデッキ郡はそのまま上位に君臨しており、引き続きボルバル・マスターズと呼ばれる環境になった。

【ボルバルザーク】の構築は4弾環境で大きなシェアを獲得したハンデス除去で相手をコントロールする型と、マナブーストで素早く《英知と追撃の宝剣》を打ち込む型とに分かれるようになった。

【黒赤緑ドラゴン】も大きく強化されている。
スレイヤーを持つ《ザーク・ゼヴォル》と、闇ドラゴンに1体除去のpigを疑似付与する《ガルザーク》が揃えば少数精鋭の大型ブロッカーにはそこまで苦戦しない。
各種フェニックスと共存する形もあれば、フェニックスをピン刺しに留めるあるいは入れない形も見られた。

《蛇魂王ナーガ》はTCG版から能力が大きく変更され、アーキタイプが成立した。→【蛇魂王ナーガ】(デュエル・マスターズ プレイス)

《マーシャル・クイーン》は一部で【トリガービート】の新たな主力として使われた。
《蛇魂王ナーガ》の優秀な進化元である《妖蟲麗姫ドナ》種族スプラッシュ・クイーンも持つことから、《マーシャル・クイーン》との共存が可能となっている。
さらにドローソース《アストラル・リーフ》を加えた【マーシャルリーフナーガ】というデュエプレ独自の構築が作られた。


2020年9月12日~13日には公式大会「バトルアリーナ」が開催された。公式Twitterで発表された出場者のデッキ分布は下記のようになっている。
ベスト8による決勝トーナメントでは5人の選手が5色ヘブンズ・ゲートを使っており、優勝を飾ったのも5色ヘブンズ・ゲートであった。

【ダイヤモンド・ブリザード】系デッキは受けの脆い【ハンデスボルバル】に強く、【ハンデスボルバル】はハンデスに対して脆弱な【ヘブンズ・ゲート】に強く、【ヘブンズ・ゲート】は素早く盾を割る【ダイヤモンド・ブリザード】に強いため、【ハンデスボルバル】→【ブリザード】→【ヘブンズ・ゲート】の3竦みが成立した。
この3デッキは上記の通り全体の中でも同程度の使用率を記録したが、最終的に最上位に勝ち残ったのは《腐敗電脳アクアポインター》などを積んで【ハンデスボルバル】とも戦えるようにした【ヘブンズ・ゲート】だった。

ベスト8のうち2人の選手が【白緑ダイヤモンド・ブリザード】を使っていた。一方で、使用率も高かった【ハンデスボルバル】はベスト8進出はできなかった。

《デス・フェニックス》軸は、前述の通り対速攻での脆さと対コントロールでの進化困難が合わさり、結果を残すことができなかった。

【ウェーブストライカー】はランクマッチでも多く見られるデッキのため、デッキ構成・処理ルートが把握されている弱点を抱えていた。
唯一ベスト8に進出したものは【白青黒ウェーブストライカー】というあまり知られていないタイプだった。

【クイーン・メイデン】、【マーシャル・クイーン】はトップメタに有利というわけでもないので使用率は低い。

【速攻】系統の使用率の低さは、予選通過条件が全勝だったため敬遠されたのだと思われる。

バランス調整後(Ver.1.4.3~) [編集]

2020年9月17日に、デュエプレ2回目のバランス調整が行われた。

9月上旬のランクマッチにて対戦データを集計したところ、《無双竜機ボルバルザーク》を使用したデッキの使用率は41.9%(1位)であり、このデッキの要素を分析したところ、《ゴースト・タッチ》《汽車男》の併用が多く、それがゲームの閉塞感を発生させる要因となっていたためだと発表された。

ランダムハンデス《汽車男》《ゴースト・タッチ》セルフハンデスに変更され、開幕から運次第でドローソースを引き抜き、窮屈な立ち回りを強いさせることが難しくなった。

《無双竜機ボルバルザーク》DP殿堂でデッキに1枚しか入れられないようになった。
これにより、【青黒ハンデスボルバル】などで、ほかの赤と緑のカードを足さなければ《ボルバルザーク》が召喚不可能になった。【5色ヘブンズ・ゲート】でも、赤・緑マナが不足することになった。何より1枚だけでは《無双竜機ボルバルザーク》を場に出せる回数が大きく減るため、構築そのものを見直す必要が生じた。

《聖獣王ペガサス》《太陽王ソウル・フェニックス》は、想定していた使用率を下回っていたため、上方修正が行われた。《聖獣王ペガサス》コストが1下がり、デッキから確実にクリーチャーが出せるようになった。《太陽王ソウル・フェニックス》は味方にスピードアタッカーを付与する能力を得た。

バランス調整後は、【ボルバルザーク】系統のデッキが事実上組めなくなったことで環境から姿を消し、かつてないほど多くのデッキタイプが見られるようになった。具体的に挙げれば【ヘブンズ・ゲート】【ウェーブストライカー】【クイーン・メイデン】【ダイヤモンド・ブリザード】【暗黒王デス・フェニックス】【蛇魂王ナーガ】【聖獣王ペガサス】【ボルメテウスコントロール】【赤白速攻】などである。環境終了間際まで新たなデッキの発見やメタの変化が起きており、様々なデッキに活躍の機会がある理想的なバランスの環境になっていたと言える。

  • バランス調整後の【5色ヘブンズ・ゲート】は、一見すると大した弱体化を受けていないように思えるが、実際には《無双竜機ボルバルザーク》DP殿堂によりフィニッシュ力が大幅に損なわれることとなった。
    • DP殿堂により、攻めに転じるタイミングを見極める必要が生まれ、《ボルバル》抜きでプレイヤーに攻撃したら必然的にS・トリガーのリスクも生じるようになっている。
    • また、毎試合ほぼ確実に追加ターンを得ることができていた以前とは異なり、盾落ちやハンデスなどの要因で《ボルバル》を試合中に使えない機会も純粋に増えた。その影響により、対策側が《腐敗勇騎ガレック》などブロッカーメタに集中しやすくなったという弱体化要素もある。
  • シークレットの存在する《龍炎鳳エターナル・フェニックス》だが、以下の要因で環境での活躍は皆無に等しい。
    • 進化Vの宿命で、2体のクリーチャーを進化元にして1体のクリーチャーになるが、T・ブレイカーなので打点の変化としては単純計算で+1しかされていない。これによりビートダウンをしたいなら別のカードに軍配が上がる。
    • 《エターナル・フェニックス》はcipによる13000火力の1回しか盤面に影響を与える効果が発動せず、生き残っている間は単なる大型準バニラでしかない。反面、環境で活躍した進化Vである《暗黒王デス・フェニックス》《蛇魂王ナーガ》《聖獣王ペガサス》は、それぞれ攻撃するたびに「ブレイク置換効果シールド焼却」・「除去ハンデス」・「コスト踏み倒し」が発動しており、生き残れば生き残ったぶんだけ試合が有利になってゆく。
    • 離れた時効果墓地回収は、それ自体は相手の盤面に一切影響を与えないので、これによる逆転劇も基本的には望めない。
    • 進化条件が《デス・フェニックス》と同じなため共存させたくなるが、「除去や殴り返しのために《エターナル・フェニックス》を出したら、エースである《デス・フェニックス》のための進化元を消費してしまう」「進化元が除去されて《デス・フェニックス》が出せなくなったら必然的に《エターナル・フェニックス》も出せない」ということが多く、デッキに入れても死に札になりがちである。

この時期に活躍したカード・アーキタイプ [編集]

参考 [編集]


[1] TCG版でも登場した闘魂編では結果を残せておらず、環境に進出したのは《緑神龍ミルドガルムス》《母なる紋章》《龍仙ロマネスク》などの登場がきっかけである。
[2] 《アクアン》ドローソースに据えるため、でもでもないカードを極力減らしたい場合を除く