DMPP-06~DMPP-10環境(デュエル・マスターズ プレイス) [編集]


  1. DMPP-06「DMPP-06 第6弾「超獣の転生 -INVINCIBLE RAGNAROK-」期

DMPP-06 第6弾「超獣の転生 -INVINCIBLE RAGNAROK-」 [編集]

全85種が追加。

《聖霊王アルファディオス》は、《聖霊王アルカディアス》以上に優位な状況から逆転を許さない性能により、エンジェル・コマンド入りのフィニッシャーとして活躍した。
《聖騎士ヴォイジャー》の登場で、中・大型種族のエンジェル・コマンドが非常に出しやすくなった。

《悪魔神ドルバロム》は、《アクア・サーファー》などのS・トリガーを封殺はできないものの、闇以外をランデスすることにより圧倒的なボードアドバンテージ差でダイレクトアタックを決めることができ、こちらもフィニッシャーとして活躍した。
《ロスト・チャージャー》《邪霊神官バーロウ》の存在により、進化元が存在していなくても安定して召喚することができることも強みである。

《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》は、【除去コントロール】のフィニッシャーとして活躍した。また、《聖獣王ペガサス》《幻想妖精カチュア》等から早期に出せればゲームエンドに持ち込めるカードパワーを持っている。
TCG版に存在した【牙サファイア】は、《ストリーミング・チューター》《大勇者「二角牙」》の登場により構築可能になったが、ブロッカーを持つエンジェル・コマンドの台頭でシールド焼却を阻まれやすく、ブロッカー破壊に乏しいタイプの【サファイア】は活躍が難しくなっている。

《クリスタル・ツヴァイランサー》は、《ファントム・バイツ》《天使と悪魔の審判》といった軽量除去を採用したデッキには、「リキッド・ピープル4体以上」が難しいものの、そうではないデッキには《アクア・スクリュー》のドローも含めて圧倒的な展開力を見せた。
【クイーン・メイデン】といった中速ビートダウンはS・トリガーリキッド・ピープルのカウンターでダメージレースに負ける可能性も高まった。

《地獄スクラッパー》はあらゆるデッキで速攻耐性を高めることを可能にした。

《解体人形ジェニー》は高コストカードを確実に引き抜けることから、《汽車男》に代わる汎用ハンデスとして君臨した。

《進化の化身》の登場により、水文明を使わずに《ダイヤモンド・ブリザード》を確実に手札に加えられるにようになり、【白緑ブリザード】が強化された。
また、《進化の化身》《聖獣王ペガサス》をサーチしつつ、そのまま《ペガサス》の進化元になれるので【聖獣王ペガサス】の強化にもなっている。

《メビウス・チャージャー》が登場し、【アストラル・リーフ】【ダイヤモンド・ブリザード】が高速でビッグマナに到達させるデッキも開発されている。

その他 [編集]

リリース直後から10月19日(月)メンテナンスまでの数日間、《ミラクル・サーチャー》を使用するとフリーズしてどちらかがリタイアしないと終わらなくなるバグが存在した。
この状態になるとリタイヤした側が負け判定になることを悪用し、《ミラクル・サーチャー》根比べ大会デッキが流行した。

この時期に活躍したカード・アーキタイプ [編集]

参考 [編集]