DMPP-11~DMPP-15環境 (デュエプレ) [編集]


  1. DMPP-11「戦極大決戦 -CLIMAX GALAXY-」期

DMPP-11「戦極大決戦 -CLIMAX GALAXY-」 [編集]

2021年11月25日実装。全85種が追加され、再録はなかった。

新たにNew Divisionで使えなくなるカードには優秀な多色カードが多く含まれる。
《ボルシャック・バディ・ドラゴン》が使えなくなるため、【ドラゴン】には痛手となる。

+  新たに「New Division」では使えなくなる主なカード

実装前の情報 [編集]

DMPP-11実装と同時に一部カードに対して能力の調整と種族の追加が発表された。

《暗黒凰ゼロ・フェニックス》が下方修正され、《魔光大帝ネロ・グリフィス》が上方修正された。

以下のカードはTCG版から種族のオリジンが削除されていたが、オリジンの本格実装に伴い追加された。

(参考:調整が加えられたカード (デュエプレ)公式HPの発表

実装後の環境 (Ver.2.8.0〜) [編集]

まず、新規カードを使えて安価に組めるという理由からか、《蒼狼の始祖アマテラス》入り【ガントラビート】が台頭した。《運命の選択》を唱えることで、6マナ2体着地+SA警戒付与として使える。

今弾で登場したマナ進化(非マナ進化GV)は《密林の総督ハックル・キリンソーヤ》《ブレードグレンオー・マックス》の2体で、それらを効率よく使える【黒緑速攻】【赤緑速攻】は大きな強化となった。

前環境に存在していなかったデッキには、デザイナーズコンボが挙げられる。

  1. 《超天星バルガライゾウ》
  2. 《超聖竜シデン・ギャラクシー》
  3. 《暗黒皇グレイテスト・シーザー》
  4. 《破壊龍神》

この時期に活躍したカード・アーキタイプ [編集]

参考 [編集]