DMS-04 「転生編(ジェネレート・ギア)スターターセット」 [編集]

転生編のスターターセット。
初心者向けであり、すぐに遊べるように構築済みデッキ(デュエル・マスターズ)として20枚1セットのものが2種類と、ルールブックとプレイマットが用意されている。
プレイマットはクイックガイドつきの巨大な1枚シートであり、裏面にはデュエル・マスターズの世界地図が描かれている。(勿論、転生編時代の地図である)

超限定ホイルカードの《紅神龍グリムゾンサンダー》が目玉なのだろうが、どう考えても《地獄スクラッパー》《トリプル・ブレイン》の方が使える。

セットAとセットBを合わせた戦略と言ってはなんだが、2コストウィニーを《ツイン・ターボ》《ローザ・ロッサ》でサポートしながら攻めたり、《奮迅の化身》《幻緑の双月》によるマナ加速から《紅神龍グリムゾンサンダー》を叩き込むといった処だろう。《スナイプ・バグ》によるマナ回収もあるので目当てのカードが揃わないと事態も緩和できるか。

DMS-02DMS-03に比べ特殊能力持ちのカードが増えており、プレイングの幅も広がっている。
少なくとも「初期のスターターセットでは」最も実用性の高いセットである。
当時のカード群で改造するなら、ミステリー・トーテムが6枚ある点を見て《闘匠メサイヤ》を入れてみるのが良いだろう。

入っているもの

  • 構築済みデッキ(2セット/合計40枚)
  • クイックスタートガイドつきプレイマット(1枚)
  • ルールブック(1冊)
  • 最強コミックブック・転生編(1冊)
  • ホイルカード(1枚)

解説付きのDVDが本セットから無くなった。

収録カード [編集]

  • 明らかに下のセットの方が強い。《ローザ・ロッサ》と《ルナ・スターベース》を出すと上のセットのアタッカーでは太刀打ちできなくなる。(《ツイン・ターボ》を使えば突破できないことも無いが)
    下のセットは《トリプル・ブレイン》などでドローしすぎてライブラリアウトするくらいしか負ける要素がない。

参考 [編集]