Dr.ルート [編集]

漫画「デュエル・マスターズ」及び続編の「FE」と「SX」、アニメにも登場するキャラクター
漫画がデュエル・マスターズカードを扱い始めてからの登場人物であり、ジョージの師匠という立ち位置だった。
十字のような髪型とビン底眼鏡、菱形に開いた口が特徴で、白衣を着ており、医者を想起させる外見をしている。
実際、真のデュエルに敗北して重傷を負った勝舞白凰の救命手術を施すなど、凄腕の医者としても活躍しており、「Dr.」と呼ばれるに相応しい人物である。
デュエルの実力も非常に高く、一度はザキラにさえ「相手が悪い」と言わしめたほど。

41話の初登場時は修行から逃げ出したジョージを折檻する所を見咎めた勝舞と戦い、《腐食虫スワンプワーム》《ギガルゴン》、当時はまだ対抗手段の少なかったパワー8000のW・ブレイカーである《ギガベロス》を切札とした単色デッキ赤単の勝舞を圧倒して倒す。
その後は勝舞、ミミ、白凰を弟子として迎え入れ、彼の家で共に修行の生活を送らせた。
日本大会後はバケツマン不亞 幽も家族の一員として住まわせている。

勝舞がザキラに敗北し、修行のためにスペインへ向かってからはもっぱらサポートに回り、表立ってデュエルする事は少なくなったが、エジプト編直後にはデュエルマスターを狙って襲撃したV(バベル)と対峙し、「二度と人を殺めるデュエルはしない」という誓いを捨ててデュエル。
のカードであるゲキ&メツを切り札とした//デッキを用いてVを退けるが、勝舞の仲裁によってVを殺めずに済んだ。
この時に召喚されたゲキ&メツの光は、G(ゲドー)に支配されたW(ホワイト)こと白凰の洗脳を一時とはいえ解き、後に彼がザキラに反旗を翻す要因となった。

かつては先代デュエルマスター、ヤエサルの主治医で、老衰に苦しむヤエサルに付きそう形で、ザキラと切札 勝利のデュエルに立ち会った。

余談だが、耳掃除をしている頻度が非常に高い。真剣にデュエルをしている時などシリアスな場面を除き、ほぼいつでもどこでも耳掃除をしている。あまり頻繁に耳掃除をすると外耳炎になる恐れがあるので注意が必要であるが、彼は特に気にしていないようである。

  • V(バベル)の登場前まで「二度と人を殺めるデュエルはしまい」と誓っていながら、弟子の勝舞には「牛次郎とかいうガキを殺せ」と命令している。これは「徹底的に叩き潰せ」という意味の比喩表現と取るのが妥当だろう。なお、この台詞は単行本では「牛次郎を潰せ」に差し替えられている。
  • 「SX」のあと顔に大けがを負ったのか、アニメ「VS」49話で「つぎはぎだらけの奇跡の無免許医」として登場。
    • 無論、手塚治虫の漫画「ブラック・ジャック」のパロディである。

関連カード [編集]

使用デッキ(デュエル・マスターズ プレイス [編集]

3色以上のデッキを使う。使用するデッキはどれも環境で結果を残したデッキをベースとしているので、シティバトルの敵としてはかなり強力。とはいえ、AI特有の思考の甘さは否めない。

光と闇を操る者 [編集]

炎の俊足機兵 [編集]

炎に潜む光と闇 [編集]

レインボーの可能性 [編集]

ドクターの最高速度 [編集]

危険な切り札 [編集]

果てしない高みへ [編集]

竜虎相搏 [編集]

不死鳥の研究 [編集]

参考 [編集]