EX(エクスト)ライフ [編集]

DMSD-18で登場したキーワード能力。読みは「エクストイフ」であって、「エクストラ ライフ」ではない。

聖魔連結王 バロディアス KGM 光/闇/火文明 (8)
クリーチャー:ディスペクター/デーモン・コマンド/エンジェル・コマンド 13000
EXライフ(このクリーチャーを出す時、自分の山札の上から1枚目をシールド化する。このクリーチャーが離れる時、かわりにそのシールドを墓地に置く)
T・ブレイカー
多色ではない呪文の効果によって、相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーは選ばれない。
このクリーチャーが出た時、またはこのクリーチャーの「EXライフ」シールドが自分のシールドゾーンを離れた時、相手のクリーチャーを1体破壊する。

出す際にシールド追加と、その追加したシールドを置換効果焼却することで除去を免れる、2つの効果をもつ能力である。

それ以外はあくまで普通のシールドであり、このクリーチャーが離れる前にそのシールドブレイクなどされてしまってもクリーチャーがバトルゾーンを離れることはない。
プレイヤーもクリーチャーも生き残りやすくなるので、より大型クリーチャーで大暴れしやすくなるデザインである。

一部のカード(キングマスターカード《聖魔連結王 ドルファディロム》《聖魔連結王 バロディアス》)では、EXライフで得たシールドが離れた時誘発する能力も持つ。

ルール [編集]

シールド化に関するルール [編集]

  • バトルゾーンに出そうとしたEXライフを持ったクリーチャーが、着地置換効果で出せなかった場合、シールド化をすることもできない。
  • リクルートによって山札からEXライフを持つクリーチャーを出す場合、山札のシャッフルの前にシールド追加が行われる。その際、山札の一番上のカードをシールド化することから、山札を見る時に山札の順番を入れ替えないように注意。もし、EXライフを持つクリーチャーを出す前に山札の順番を入れ替えてしまった場合、ルール違反になる。

「EXライフ」シールドに関するルール [編集]

  • EXライフでシールド化されたシールドは、『「EXライフ」シールド』と表記され、EXライフで出たクリーチャーと紐付けされた状態になる。
    • 『このクリーチャーの「EXライフ」シールド』とある場合、その能力を持ったクリーチャーが出す時にEXライフで追加したシールドという意味になる。
  • 「EXライフ」シールドが、シールド・プラスなどで構成カードが増えた場合、その構成カードもすべて「EXライフ」シールドとして扱われ、紐付けが解除されることもない。
  • 『「EXライフ」シールドが離れた時』の能力は、1つのシールドがまるごと離れた場合のみ(1枚でできているシールドが1枚移動した場合を含む)、1回だけ誘発する。参考
    • 複数のカードで構成されているシールドのうち、一部のシールドカードが離れた場合は誘発しない。
  • 「EXライフ」シールドが一度離れた場合は紐付け状態も解除され、再度同じ位置にカードをシールド化しても、紐付けされることはない。
    • 入れ替える」ことによって、シールドが離れた場合も同じ。
  • バトルゾーンに出す前から状態が決定される能力なため、バトルゾーンに着地すると同時に能力が無視されても、シールド化も紐付けもきちんと行われる。ただし、能力が無視されている間は、EXライフ能力の置換効果は機能しない。
  • 「EXライフ」シールドと紐付けされているクリーチャーが進化しても、EXライフ能力の置換効果は消滅するが、紐付け状態は引き継ぎが行われるため、退化して再度EXライフ能力が復活すれば、EXライフ能力の置換効果も復活する。

除去耐性に関するルール [編集]

  • 「EXライフ」シールドの置換効果も、EXライフが持つ効果の1つであり、決してルールで定められているわけではない。そのため、EXライフ能力を持ったクリーチャーがその能力を無視されたり、進化するなどしてEXライフ能力がなくなった場合、「EXライフ」シールドの置換効果は発生しない。

テクニック・弱点 [編集]

  • 火、または光のEXライフを持ったクリーチャーであれば、《ボルシャック・ドギラゴン》《ミラクル・ミラダンテ》《革命の絆》革命0トリガーとは相性がいいとも言えるし、悪いとも言える。革命0トリガー使用宣言した時だけでなく、解決時でもシールドが0である必要がある。そのため、革命0トリガーを複数枚宣言して、最初の1枚目の革命0トリガーでEXライフを持ったクリーチャーが捲れたことによってシールド追加が行われた場合、他に使用宣言していた革命0トリガーを解決することができないため、次の自分のターンに確実に勝負を決めに行きたい時は足かせになってしまう。しかし、使用宣言した能力は可能であれば絶対に解決しなければならないため、必要以上に革命0トリガーを消費したくない時はこれがメリットになることもある。
  • 《ガチャンコ ガチロボ》《愛の無限オーケストラ》等でEXライフを持つクリーチャーが捲れた場合、出す順番は自由であることを利用し、EXライフを持つクリーチャーを一番最後に出すことで3体を展開しながらEXライフによる耐性を得ることができる。ただし、EXライフ持ちを3番目以外で出そうとすると、その時点で山札の一番上にあるカードをEXライフのシールドとして使用するため、踏み倒しするカードが減る。これはデメリットだけでは無く、あえてS・トリガーG・ストライクをEXライフシールドに仕込むといったことも可能である。
    • EXライフを持つクリーチャーが2体以上捲れた場合は、最大2体までしか展開することができない点に注意。

『「EXライフ」シールドが離れた時』の能力を持つクリーチャー [編集]

その他 [編集]

  • この能力を持つクリーチャーの枠の下側には、追加したシールドを指し示すことができるような、特殊な模様が描かれている。
  • 「ex」は「接頭辞」で、語源はギリシャ語にあたり「外へ」という意味を持つ。そのため、EXライフは直訳で「生命を外に」となる。
    クリーチャーの「生命」を、「外(シールドゾーン)」に配置する点で見事に合致している。
  • 直感的に思い浮かぶ「エクストラ」+「ライフ」の造語は、「生命延長」として意訳でき、能力の性質的にも専らこちらが主な由来だろう。
    • なお、シューティングゲームにおいて残機が1増えることは「エクステンド」と呼ばれる。

参考 [編集]


公式Q&A

Q.「EXライフ」とは、どういう能力ですか?
A.バトルゾーンに出す時、「出た時」の能力より先に、かつ効果処理に割り込む形で使い、山札の上から1枚目をシールドに追加する能力です。これは状態定義効果です。例えば、《蒼龍の大地》《聖魔連結王 バロディアス》を出した場合、「EXライフ」で山札の上から1枚をシールド化してからバトルする効果を使います。
引用元

Q.相手の《龍世界 ドラゴ大王》がいる状況で、自分の《聖魔連結王 バロディアス》を出す際、「EXライフ」でシールド化し、そのシールド化したカードを墓地に置いてバトルゾーンに残せますか?
A.いいえ、残せません。この場合《聖魔連結王 バロディアス》《龍世界 ドラゴ大王》の置換効果によって墓地に置かれます。バトルゾーンに出ていませんので、「EXライフ」によるシールド化もしません。
引用元

Q.《あたりポンの助》《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》の「出た時」の能力で《聖魔連結王 バロディアス》を選び、その能力が無視される状況です。《聖魔連結王 バロディアス》をバトルゾーンに出す場合、「EXライフ」はどうなりますか?
A.《あたりポンの助》らははバトルゾーンにいるクリーチャーの能力のみを無視します。出す時の「EXライフ」は無視されませんので、山札の上から1枚目をシールド化します。《あたりポンの助》らがバトルゾーンにいる状況で《聖魔連結王 バロディアス》が離れる場合、その能力は無視されているので「EXライフ」による置換効果は適用できず、追加したシールドはそのまま残ります。
《あたりポンの助》らがバトルゾーンを離れた場合、能力は無視されなくなるので、追加したシールドは再び《聖魔連結王 バロディアス》の「EXライフ」シールドとして扱います。
引用元

Q.《聖魔連結王 バロディアス》の『EXライフ」でシールド化した「EXライフ」シールドに、裁きの紋章や「シールド・プラス』などでカードを重ねました。これらのシールドカードは、すべて「EXライフ」シールドとして扱いますか?
A.「EXライフ」でシールド化したシールドに重ねたシールドカードもすべて含め、1つの「EXライフ」シールドとして扱います。
《聖魔連結王 バロディアス》が離れる時、「EXライフ」シールドが複数のシールドカードが重なった状態になっていた場合、かわりにそれらすべてが墓地に置かれます。
引用元

Q.《聖魔連結王 バロディアス》の『EXライフ」でシールド化した「EXライフ」シールドに、裁きの紋章や「シールド・プラス』などでカードを重ねました。この重なったシールドのうち一部のみが離れた場合、《聖魔連結王 バロディアス》の『「EXライフ」シールドが自分のシールドゾーンを離れた時』の能力は使えますか?
A.いいえ、使えません。『EXライフ」シールドを構成するシールドカードがすべて同時にシールドゾーンを離れた場合にのみ、「「EXライフ」シールドが自分のシールドゾーンを離れた時』の能力がトリガーします。
引用元

Q.《聖魔連結王 バロディアス》の『EXライフ」でシールド化した「EXライフ」シールドに2枚のシールドカードが重なり、合計3枚が重なった1つのシールドになっている状況です。この「EXライフ』シールドがブレイクされた場合、《聖魔連結王 バロディアス》の『「EXライフ」シールドが自分のシールドゾーンを離れた時』の能力は何回トリガーしますか?
A.この場合でも「EXライフ」シールドが自分のシールドゾーンを離れた時」の能力は1回しかトリガーしません。
引用元

Q.《トライガード・チャージャー》を唱えて《聖魔連結王 バロディアス》の「EXライフ」シールドを一度手札に加え、その後、もう一度同じ位置に手札からシールド化しました。
この新たにシールド化したシールドは、「EXライフ」シールドとして扱いますか?
A.いいえ、扱いません。一度シールドゾーンを離れた後でもう一度同じ位置にシールドを追加したとしても、それを「EXライフ」シールドとしては扱いません。
引用元

Q.《聖魔連結王 バロディアス》の「EXライフ」シールドを《夜に吹くシト》の「出た時」の能力で山札の上のカードと入れ替えた場合、その入れ替えたシールドは引き続き「EXライフ」シールドとして扱いますか?
A.いいえ、扱いません。入れ替えたシールドは、元のシールドとは別のシールドとして扱います。また、入れ替えを行った時にも《聖魔連結王 バロディアス》が持つ『このクリーチャーの「EXライフ」シールドが自分のシールドゾーンを離れた時』の能力はトリガーします。
引用元

Q.《ホーガン・ブラスター》《ミステリー・キューブ》を使い、表向きにした山札の一番上のカードが《聖魔連結王 バロディアス》のような「EXライフ」を持つクリーチャーだった場合、それをバトルゾーンに出せますか?
A.はい、出せます。その場合、表向きにしたクリーチャーの下にあるカードを「EXライフ」の能力でシールド化します。
引用元

Q.バトルゾーンに自分の《聖魔連結王 バロディアス》がいて、シールドゾーンにその「EXライフ」シールドがある状況で、自分は《冥界の手》を唱えました。この場合、どのように処理しますか?
A.シールドをシャッフルして並べなおした後、元々「EXライフ」シールドが置かれていた位置に新たに置かれたカードが新たな「EXライフ」シールドとして扱われます。(総合ルール 113.2a)
引用元

Q.自分の《聖魔連結王 バロディアス》《ボルシャック・大和・モモキング》に進化した場合、「EXライフ」でシールド化した「EXライフ」シールドはどうなりますか?
A.進化元となった《聖魔連結王 バロディアス》の「EXライフ」シールドとしてシールドゾーンに残ります。
進化した《ボルシャック・大和・モモキング》が離れる際、かわりに「EXシールド」を墓地に置くことはできませんが、《ボルシャック・大和・モモキング》が離れて、バトルゾーンに残った《聖魔連結王 バロディアス》がバトルゾーンを離れる際は、かわりに「EXライフ」シールドを墓地に置きます。
引用元

Q.自分は《蒼き守護神 ドギラゴン閃》の「ファイナル革命」で山札を上から4枚表向きにしました。その中から《魔帝連結 ガイゼキアール》のような「EXライフ」を持つクリーチャーを出す場合、どうなりますか?
類似例:龍秘陣 ジャックポット・エントリー
A.山札の一番上にある《魔帝連結 ガイゼキアール》を出すのであれば、二番目のカードをシールド化してバトルゾーンに出します。
山札の二番目以降にある《魔帝連結 ガイゼキアール》を出すのであれば、山札の一番上のカードをシールド化してバトルゾーンに出します。
残り2枚を好きな順序で山札の下に置きます。
引用元