K(キルミー) [編集]

漫画「デュエル・マスターズ」に登場する、不亞家のデュエリスト。
かつては不亞 幽の教育者を勤めており、子供達からは先生と呼ばれている。「K」のピアスを両耳に付けており、マントから巨大化する針のマシンガンを発射する。

《冒険妖精ポレゴン》《火炎流星弾》等のカードで攻め続ける、コスト3以下のカードしか入っていない速攻型のスノーフェアリーデッキを使用する。いわゆる【赤緑速攻】の1種で、切札《ダイヤモンド・ブリザード》

ザキラ白凰の捕獲と幽の始末を命じられてJ(ジェイソン)と共に神殿を襲撃。
皆を守ろうとした白凰の提案に乗る形でJと共に二面打ちデュエルを仕掛けた。
《ダイヤモンド・ブリザード》を含む5体のクリーチャーでシールド0枚まで追い詰めるも、白凰の黒赤デッキの《ダブルソード・レッド・ドラゴン》《崩壊と灼熱の牙》コンボに1ターンでマナとシールドを0にされ、敗北した。

白凰が勝利宣言した際には「このクソガキぶち殺してやりたいわ!!!!」と激怒するなど、言動から極めて残忍な性格が窺える。

その後もJ(ジェイソン)とコンビで描かれることが多く、スペインのDMを捕獲しようとした際には二人揃って切札 勝利に瞬殺されている。
過去にも勝利にまとめて倒されたことがあり、二度目の敗北であった。

切札 勝利に敗北しR(リッチ)の攻撃で重症を負った後も、世界大会時のガルド集合シーンや外伝「ガルド、最後の決闘い(たたかい)…」にて登場している。
集合シーンではJ(ジェイソン)と共に顔を隠す服装をしてR(リッチ)ら他の消されたガルド達と合わせて謎めいた描写が挟まれたが、外伝では「FE」序盤と同様の服装に戻っていた。

  • デッキに3マナ以下のカードしか入れなかったり、3マナで3枚プレイする事は【速攻】ではよくある事だが、それを見たジョージは「なんてぇ回りのいいデッキなんだ!!」と驚いていた。作中では速攻と言いながら切札としてコスト7前後のカードを(時には複数枚ずつ)入れる事が主人公の切札 勝舞を始めとしてごく当たり前の様に行われており、彼女の様な割り切った構成をして見せた人物は今まで登場していなかったため、ある意味仕方ない発言かもしれない。
  • 「キルミー」とは「kill me」すなわち「私を殺してみろ」という自信の表れとも取れるが、Jとともに噛ませ犬の立場となっていた報われない人物である。

関連カード [編集]

参考 [編集]