N(ネバー) [編集]

漫画「デュエル・マスターズ」に登場する、Nの称号を持つ不亞家のデュエリスト。出身地はフィンランド。

不亞城の番人を勤めており、空中に展開した蜘蛛の巣から逆さまにぶら下がるなど蜘蛛のように行動する。
蜘蛛の巣の維持のためか、ゼンマイ付きの蜘蛛型のメカを使用する。
両手から鉄よりも硬い糸を出す事ができるが、黄昏 ミミの腕力には及ばなかった。

ザキラ切札 勝舞の下へ向かおうとしていた不亞 幽を始めとする勝舞の仲間達を糸で吊し上げて拘束した。
続いて遭遇したNACに挑まれて(おそらく真のデュエルで)戦ったが描写外で敗北し、ザキラと勝舞の元へ案内させられてから気絶した。

漫画では《予言者マリエル》《インパクト・アブソーバー》などで相手の戦法を1つずつ封じていく白青ロックデッキ

「クロス」では「ミスタースパイダー」と名乗り、二次予選で勝舞と戦った。この時は《時空男》《死神アトミック・デストロイヤー》《邪神C・ロマノフ》を巧みに使い勝舞を追い詰めるも、最終的に敗北。切り札《神羅ダークネス・ロマノフ》

  • 「FE」コロコロコミック連載開始となる2005年4月号に付属していた「不亞一族大集結ポスター」での設定では、可愛い顔に反して超エゲツない戦略を好むらしく切札は《粛清者アイザク》

関連カード [編集]

参考 [編集]