O(オアシス) [編集]

漫画「FE」に登場する、Oの称号を持つ不亞家のデュエリスト。出身地はイギリス。

ザキラの右腕的存在であり、出立はまさしくジェントルマンといった風貌で、基本的に丁寧語で話す。
被っているシルクハットに刃物を仕込み、マントにデッキを複数仕込んでいる。
ザキラの大学時代の同期にして親友でもあり、学生時代のころからザキラとは仲がよく、A(アッシュ)を加えた3人で大学生活を過ごした。
また、1年間デュエルマスターを探す旅に出ていた事が語られている。

トーイを確保するためにザキラ、M(マンソン)と共に南太平洋の島に赴いた際には立ち塞がった20人と同時にデュエルして撃破した。相手は全員真のデュエリストであり100枚のシールド(5×20)の内破壊されたのはたったの9枚だったが、対多人数デュエルをガルドで仕込まれていた彼からすると調子はイマイチだったらしい。
また「私にとって1対20は退屈ですね」と発言した事からもっと大勢のデュエリストと戦えるらしく、殲滅力の高さならガルドで随一かもしれない。
「FE」の3年前の世界大会襲撃時には(一瞬で倒されたJ(ジェイソン)K(キルミー)とは)「私Oは違う」と切札 勝利の前に立ち塞がり、《永刻のクイーン・メイデン》で果敢に攻め込んだが、怒りに燃えていた彼の前に敗れた。

《永刻のクイーン・メイデン》を主力に《一徹のジャスパー》《鎧亜の深淵パラドックス》などスピリット・クォーツを多数投入した「超速のクイーン・メイデンデッキ」を使用している。
作中では《一徹のジャスパー》から《永刻のクイーン・メイデン》に進化するなど、K(キルミー)に続いてまともな速攻デッキの構築を披露したキャラクターになる。

アニメ「チャージ」では、48話で切札 勝舞に敗れる。とどめをさされる際にはザキラを身を案じていた。

  • 「FE」コロコロコミック連載開始となる2005年4月号に付属していた「不亞一族大集結ポスター」での設定では、ザキラの幼馴染みであり私生活ではアリすら殺さぬジェントルマンらしく切札は《永刻のクイーン・メイデン》
  • 《龍機左神オアシス》とは何の関係もない。そちらの名前の元ネタはイギリスのロックバンド「オアシス」であり、同じくロックバンドの「ブラー」とは非常に仲が悪い時期があった。同じガルドのメンバーにB(ブラー)が在籍することから、こちらの元ネタもそちらかもしれない。

関連カード [編集]

参考 [編集]