R (リッチ) [編集]

漫画「FE」に登場する、Rの称号を持つ不亞家のデュエリスト。出身地はフランス。

通称「暴富豪R」。前髪を前に長く伸ばした優男の様な風貌をしており、任務の際は黒いマントを羽織る事も。席にS (シズカ)を寝かせて載せられるサイドカー付きの、カード状の砲弾を発射できるバイクを所有している。
アフターR(レボリューション)の一員であり、醜い者が大嫌いで弱い者には興味が無く、常にSと共に行動し、彼女の事を第一に考えている。

《緑神龍ダグラドルグラン》を主体とした赤緑【除去コントロール】を使用する。

かつてフランスでSと共にデュエルを楽しんでいたが、次第に強さを求めたSと共にガルドに入団する決意をする際、ザキラとの契約によってSが愛を捨て勝つ事への専念を誓ったため、彼もまた契約を誓い、Sほど過激ではないがアフターRとして強者であり殺る側の人間であるという自覚を得ていった。
しかし「FE」3年前の世界大会襲撃によって強いデュエリストが一掃された事に絶望してSは心を閉ざしてしまったため、強者たるデュエルマスターとのデュエルによって彼女が目覚めて再び元気になる事を期待しており、更にデュエルマスターの証をザキラに捧げさせた後は、残った体を永遠にSを楽しませ続けるデュエルマシーンとするつもりでいた様だ。
スペインのデュエルマスター発見の報を受けてSと共にスペインへ向かい、J (ジェイソン)K (キルミー)を醜い物として始末した後、城内で決闘ロボットの試練を圧倒的な速度で突破して切札 勝舞黒城 凶死郎に遭遇し、彼らの強さと闘志を認めて目覚めたSが黒城とのデュエルを選んだため、Sと共にデュエル出来る事に感激しながら勝舞をデュエルの相手に選んだ。

勝舞に「全てを与えて勝利する」と宣言してデュエルに臨み、《キャノンボール・スリング》《肉弾兵ウルティモ》《砕神兵ガッツンダー》などを駆使して制圧した後、《緑神龍ダグラドルグラン》二体を並べてアクセル能力で赤緑デッキを使う勝舞を追い詰めるが、最後のターンでアクセルを得た《メタルカオス・ドラゴン》《青銅の鎧》《ボルベルグ・クロス・ドラゴン》によって一気に逆転されて敗北。
その後、愛を取り戻したSと共に身投げし、ザキラとの契約を破ったために爆発して果てた。

  • 「FE」コロコロコミック連載開始となる2005年4月号に付属していた「不亞一族大集結ポスター」での設定では、Sに仕えるしもべで金を牛耳る金融の虎らしく、切札は《クリスタル・ツヴァイランサー》
  • 「FE」本編の描写を見る限りでは、Sとの愛を捨てる事を誓っていた割には彼のSへの愛は終始ダダ漏れの様に見えるが、最期の瞬間以外は特に問題は無かった模様。
    Sは完全に振り切れていたため双方向に愛が無ければ良いという物だったのか、デュエルと愛の優先順位さえ履き違えなければ良いという物だったのか、はたまたキスまで行かなければ良いという程度の物だったのか、寧ろ愛を捨てる事は建前であり負けを受け入れた事の方が問題で見限られたのか…謎は深まるばかりである。

関連カード [編集]

参考 [編集]