V(バベル) [編集]

漫画「FE」に登場する、Vの称号を持つ不亞家のデュエリスト。出身地はインド。

長ズボンに長ベストのみを羽織った色黒の少年。光の差さない場所で生まれ育ったため、暗闇でも目が見えるようになった。
この特性を活かした能力が「闇眼(やみまなこ)」であり、山札の上ピーピング出来ると言うカードゲームにおいては非常に強力な能力を持っている。

使用デッキ//自然の3色【除去コントロール】で、《青銅の鎧》によるマナブーストと《リップ・ウォッピー》による手札補充から《緑神龍ジオブリード》を呼び出し、《母なる大地》等でそのcip効果を再利用する事で除去を行う。また《蒼神龍スペル・グレートブルー》《パルピィ・ゴービー》による呪文コスト踏み倒しコンボも組み込まれており、フィニッシャーとして《母なる紋章》からの《超神龍アルグロス・クリューソス》を採用している。

アニメ「クロス」では《蒼神龍アル・バビロン》《時空の尖塔ルナ・アレグル》も使用している。

  • 「FE」コロコロコミック連載開始となる2005年4月号に付属していた「不亞一族大集結ポスター」での設定では、裏社会に子分のネットワークを持つらしく、切札は《南風の貴公子ピュゼロ》
  • 元ネタは旧約聖書の「創世記」に登場する町、もしくは横山光輝氏原作の漫画「バビル2世」だろう。バベルの駆る機械の虎「ロデム」も、同名のしもべが「バビル2世」に登場している。ただし、そちらの綴りだと頭文字はBである。もしくはマナコストの無限化戦法から名前の由来は無限の空間である、バベルの図書館とも考えられる。

関連カード [編集]

関連パック [編集]

参考 [編集]