《キング・ザ・スロットン7(セブン)7777777(セブンス・セブン)

キング・ザ・スロットン7 SR 無色[ジョーカーズ] (7)
クリーチャー:ジョーカーズ 7777
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から3枚を表向きにする。それがすべてジョーカーズなら、その中からクリーチャーを1体、バトルゾーンに出す。そのターン、そのクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できる。残りのカードを好きな順序で自分の山札の一番下に置く。
7777777(セブンス・セブン) SR 無色 (3)
呪文
S・トリガー
相手は自身の山札の上から3枚を表向きにし、自分はその中から1枚を選ぶ。その選んだカードとコストが同じ相手のクリーチャーをすべてと、表向きにした3枚を、相手は好きな順序で自身の山札の一番下に置く。

DMRP-06で登場した無色ジョーカーズツインパクト

クリーチャー面も呪文面もランダム性の強いカードである。

クリーチャー面は自分の山札の上から3枚を表向きにしてそれがすべてジョーカーズならその中の1体に逆フュリー・チャージを付与してコスト踏み倒し出来るcipを持つ。
《キング・ザ・スロットン》手札補充が逆フュリー・チャージ付与になった能力。あちらに比べてよりビートダウン志向になったカードと言える。

cipなので《ジョット・ガン・ジョラゴン》能力で使う事ができる。
【ジョット・ガン・ジョラゴン】では《アイアン・マンハッタン》ディスカードでこのクリーチャーを捨てて打点?を用意し、そのままワンショットキル?に持ち込むコンボが定番になっている。

登場当初は《ゼロの裏技ニヤリー・ゲット》が4枚使えたため、デッキ全てをジョーカーズで構築する必要のあるこのカードはあまり採用されなかった。
1ヶ月ほど経って《ゼロの裏技ニヤリー・ゲット》殿堂入りが発表されると、構築の縛りが気にならなくなった事でこのカードが使われるようになっている。

呪文面はS・トリガー付きで相手の山札の上から3枚を表向きにしてその中から1枚を自分が選んでそれと同じコストの相手クリーチャーすべてを山札送りにする。
《マキシマム・ザ・ジョニー》を思わせる効果。

S・トリガー除去だが、相手のデッキ構築に左右される上に運も絡むため、防御用のS・トリガーとしては今一つ信用できない。
とは言えジョーカーズは防御が薄くなりやすいため、《ジョット・ガン・ジョラゴン》の弾とS・トリガーを兼任できるのはデッキ構築の上で便利だろう。

関連カード

収録セット

参考


Last-modified: 2018-10-17 (水) 02:30:51