《サッヴァークDG(ディージー)

サッヴァークDG MAS 無色 (6)
クリーチャー:マスター・DG/メタリカ 5000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から3枚を表向きにする。その中からメタリカ、ドラゴン、呪文をすべて手札に加え、残りを好きな順序で山札の一番下に置く。
自分のターンの終わりに、自分の手札から裁きの紋章を1枚、コストを支払わずに唱えてもよい。
自分のターンの終わりに、すべてのシールドゾーンにある表向きのカードの合計が3枚以上なら、このクリーチャーを破壊してもよい。そうしたら、光のドラゴンを1体、自分の手札からバトルゾーンに出す。

DMRP-04裁で登場した無色マスター・DGメタリカ

cipで自分の山札の上の3枚からメタリカドラゴン呪文をすべて手札に加える能力ターンの終わりに手札から裁きの紋章1枚をコスト踏み倒し唱える能力、同じくターンの終わりに表向きシールドカードが全プレイヤー合計で3枚以上であれば、このクリーチャー破壊し自分の手札からドラゴンを1体コスト踏み倒しで出せる能力の3つを持つ。

cip手札補充能力により、残り2つの能力コスト踏み倒しできるカードを一通り揃えられる。元々の手札が悪くても、ある程度自力で持ってこれるのは嬉しい。
対象としてドラゴンに、呪文裁きの紋章に限定されていない上、メタリカまで持ってこれるので、仮に自己完結コンボを成立させられなくても展開への準備には事欠かない。

デッキの全てをメタリカあるいはドラゴン呪文で埋める事は容易なので、最悪3ドロー+クリーチャー1体という使い方でも十分良好なスペック。

裁きの紋章コスト踏み倒しする能力もまた、最後の能力と関連する。手札から唱えた裁きの紋章表向きシールドゾーンに置かれるので、最後の能力の条件達成を助けるわけである。タイミングは同じだが、この裁きの紋章効果表向きカードが3枚上揃えば最後の能力はその場で発動可能。

裁きの紋章であればコストは問わないため、サーチで得た潤沢な手札から状況に応じて異なる裁きの紋章を使い分けることができる。
中でも最もコストの高い《断罪スル雷面ノ裁キ》は、除去対象とした相手クリーチャー2体とその呪文本体とで合計3枚の表向きシールドカードを作り出し、このクリーチャーの最後の能力の条件を一度に達成してくれるという相性の良さを誇る。

最後の能力かつドラゴンならコスト進化非進化も問わないという強力なコスト踏み倒し
ただし、自分のターンの終わりというのが少々厄介なタイミングで、せっかくこのクリーチャー破壊してまで降臨させたドラゴンを、返しのターンであっさり破壊されてしまっては元も子もない。

そのため除去耐性、あるいは除去を封じるロック能力を持つドラゴンが基本的に望ましい。主な候補は以下。

関連カード

収録セット

参考