《チョートッQ(キュー)

チョートッQ UC 無色[ジョーカーズ] (5)
クリーチャー:ジョーカーズ 5000+
このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターン、相手プレイヤーを攻撃できる。
このクリーチャーは、可能なら毎ターン、相手プレイヤーを攻撃する。
バトルゾーンまたはマナゾーンに自分のジョーカーズが合計2枚以上あれば、このクリーチャーのパワーを+3000し、「W・ブレイカー」を与える。(「W・ブレイカー」を持つクリーチャーはシールドを2つブレイクする)

DMRP-01及びDMSD-01で登場したジョーカーズ

攻撃対象がプレイヤー限定の擬似スピードアタッカー逆フュリー・チャージ)を持つ。
ただし、同時に「可能なら相手プレイヤー攻撃する」デメリットを持っており、要するにバトルゾーンに出したそのターンから毎ターン、相手プレイヤーを狙って攻撃し続けなければならない。

さらに3つめの能力は、ジョーカーズが2枚あればパワー8000のW・ブレイカーに強化される、というもの。
「他の」とは書かれていないため、実はこのクリーチャー自身も数に計上される。つまりバトルゾーンマナゾーンに他のジョーカーズが1枚でもあれば条件達成となるのである。ジョーカーズ同士のシナジーを考えて組んだデッキで使えば、強化されてない状態を見せる事はまずないだろう。

ジョーカーズには《ヤッタレマン》《パーリ騎士》無色サポートには《戦慄のプレリュード》《ゼロ・ルピア》が存在するため、早ければ3〜4ターン目に飛び出て攻撃できる。
パワー8000のW・ブレイカーが早々飛んでくるのはほとんどのデッキにとっては脅威だろう。むしろそれより遅くなると、強制攻撃デメリットがきつくなってくるため、早めの決着を狙いたい。

《戦慄のプレリュード》を使えば0マナで召喚できる。これを利用し、2ターン目に《The ラー漢》を出し、3ターン目に《戦慄のプレリュード》を使ってこのクリーチャーを召喚して即攻撃、その際にアタック・チャンス《破界秘伝ナッシング・ゼロ》を唱えて3枚の追加ブレイクに成功すれば、5枚一気に叩き割って最速3ターン目に《The ラー漢》でダイレクトアタックできるという、まさに超特急なコンボが可能。バイクにできて新幹線にできない事はないのである。

  • 3ターンキルという圧倒的な速度は一見強そうにも見えるが、全てのシールドを一度にブレイクする都合上、スーパー・S・トリガーには滅法弱い。また、コンボに必要なパーツも少なくないので実際に決めきるのは中々に難しいと言えるだろう。後者に関しては、《ゼロの裏技ニヤリー・ゲット》《ジョジョジョ・ジョーカーズ》を駆使すればかき集める事ができるのでそれほど難点という訳でもないのだが。
  • ちなみに、《The ラー漢》以外でも攻撃できる2コストのクリーチャーなら何でもいいのだが、《ヤッタレマン》を出してしまうとコストは0以下にならない強制能力が発動してこのコンボはできなくなるので注意が必要。

2018年3月1日に運用の要であった《破界秘伝ナッシング・ゼロ》殿堂入りすることが決定し、大幅に弱体化。運用条件は《ワッショイ万太郎》も緩く素のパワーもそちらより高いので、まだあちらよりも壊滅的な被害を受けていないとは言える。

  • 「超特急」らしく、モチーフになっているのは「新幹線」。その元祖である0系新幹線電車の先頭車から人が生えているようなデザインになっており、公式でも「新幹線っぽいクリーチャー」と明言されている。
    余談だが、ジョーが生まれた頃にはとうの昔に0系新幹線電車は引退済みであり、この世にない。クリーチャー星で幼少期を過ごしており、物心ついた頃地球にいなかった彼は、一体どこで0系を知ったのだろうか?
    • この点に関して考えられるのは、新章のデュエル・マスターズの舞台は漫画では埼玉県、アニメでは川越市がモデルの「河越」であり、鉄道博物館らしき描写も劇中に存在した事から、VSRF〜新章となる時間軸で『新幹線』の存在に初めて触れた可能性が考えられる。
  • アニメでは学校に遅刻しそうになったジョーが作り出したクリーチャーで、学校まで時速300kmでぶっ飛ばしたものの、まっすぐしか走れないという欠陥があった。走り出す前には発車ベルと警笛が鳴る演出が入る。デッキーによって生み出された際には「もうちょっと名前捻ってほしかった」と連呼していた。
    ちなみに、モチーフである0系に時速300kmは出せない。
    • 漫画「デュエル・マスターズ(2017)」ではさらに、その突進力で住宅街の家々を破壊する迷惑ぶりを発揮。流石に日常パートでの破壊描写は問題があるのか、アニメでは再現されなかった。
  • 漫画「デュエル・マスターズ(2017)」5巻の巻末オマケ漫画では、このクリーチャーの原画を担当した担当編集者が名付け親であることが明かされている。

関連カード

収録セット

参考


公式Q&A

Q.《チョモランマッチョ》がバトルゾーンにいる時に《チョートッQ》を出しました。《チョートッQ》でクリーチャーに攻撃しなければいけませんか?
A.いいえ、《チョートッQ》がバトルゾーンに出た時に攻撃できるのはプレイヤーだけです。《チョモランマッチョ》は可能であればクリーチャーを攻撃するように指示しているだけなので、可能ではない場合攻撃する必要はありません。
引用元