《ボルシャック・NEX(ネックス)

ボルシャック・NEX SR 火文明 (6)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン 6000+
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札を見る。その中から、名前に《ルピア》とあるカードを1枚、バトルゾーンに出してもよい。その後、山札をシャッフルする。
このクリーチャーは、自分の墓地にあるファイアー・バード1体につき「パワーアタッカー+1000」を得る。

DM-32で登場したアーマード・ドラゴン
cip山札からルピアリクルートする能力を持つ「ボルシャック」。

状況に応じて様々なルピアを出せるのはなかなか便利。
《コッコ・ルピア》《ルピア・ラピア》といったコスト軽減持ちのルピアを呼べば、《闘龍鬼ジャック・ライドウ》召喚から即進化といった流れをサポートできる。
また《マッハ・ルピア》を出せば、スピードアタッカーにしてビートダウンすることもできる。

《ボルシャック・ルピア》リクルートし、《超竜キング・ボルシャック》サーチするのも有効。《キング・ボルシャック》は《ボルシャック・NEX》にそのまま進化できるため、ただちにT・ブレイカービートダウンしていける。

進化クリーチャー《凰翔竜機バルキリー・ルピア》リクルートできる。そのまま《百族の長 プチョヘンザ》《時の法皇 ミラダンテXII》等をサーチして革命チェンジすればファイナル革命T・ブレイカーにより圧倒的なアドバンテージを稼ぎつつ、自身は手札に戻るため次のターンには再びリクルートが可能となる。
隣に立っているであろうファイアー・バードから進化させれば、アーマード・ドラゴンが2体並ぶので、《バルケリオス・ドラゴン》サーチしてそのまま出すことができる。

盤面のシナジーを考えるならば《ダーク・ルピア》も面白いだろう。

序盤に活躍しにくいタイプのカードなので、ある程度経ってからサーチできるこのカードと合う。
また、「名前に《ルピア》とあるカード」であり、クリーチャーに限定されていないため、クロスギア《レジェンド・ルピア・ウィング》も出せる。

また、《シンカゲリュウ・柳生・ドラゴン》とは非常に相性がいい。自身がNEXなのでそちらのブレイク数増加の能力を起動できる。このカードで《マッハ・ルピア》リクルートすればスピードアタッカーになるので、T・ブレイカーで強襲できる。

総じて、専用のデッキを構築すれば輝くカードである。
6コストとしては自身の戦闘力自体はやや弱く、ルピアとセットで使うことを前提にしていると言える。

専用デッキ【ボルシャック・NEX】」では大いに活躍してくれるだろう。

  • カード名NEXは、おそらくNEXTからとったのであろう。または、ルピアを呼び寄せる効果から絆を意味するNEXUSの可能性もある。
  • 最初に判明したDM-32カードで、パッケージイラストも飾る目玉カード。そちらにはシークレットカードも存在し、NEXのコスプレをした勝舞が載っている。また、イラストがさらに豪快になっており、両手から剣のように燃え上がった炎を振りかざすようなイラストになっている。
  • アニメではDM-32カードとしていち早く登場。「クロス」第51話から勝舞の新たな切り札として活躍し、2009年公開の映画でも活躍。
    登場当初はどんな能力を持っているのか明かされず、第55話でルピアを呼べる効果が判明。なお、アニメと劇場版及び漫画「SX」番外編の関連ストーリーでは、勝利クロロから《超竜サンバースト・NEX》と共に託され、後に切札家の家に残されていたと推定される。
  • 漫画の番外編ではファイアー・バードたちに偉そうにしていたせいで離反され、勝舞のために彼らに許してもらおうとパシリに励む弱々しい姿も見られた。勝舞の夢の中だという描かれ方もしていたが、最終コマの描写から、寝ている間勝舞がカードの世界に入っていたとも考えられる。これが封印されていたNEXと同一人物であると考えると、ファイアー・バードドラゴンに対する影響力は大きいようだ。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考


Last-modified: 2018-10-21 (日) 23:52:25