《ルソー・モンテス/法と契約の秤(モンテスケール・サイン)

ルソー・モンテス R 闇文明 (2)
クリーチャー:マフィ・ギャング 1000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の手札を1枚捨ててもよい。そうしたら、相手の手札を1枚見ないで選び、捨てさせる。
法と契約の秤 R 闇文明 (5)
呪文
コスト7以下のクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。

DMRP-05で登場したマフィ・ギャングツインパクト

クリーチャー面は《暗黒鎧 ザライブ》下位種
呪文面はコスト7以下であれば進化を問わずクリーチャーを1体墓地からリアニメイトする。

2コストランダムハンデスはやはり強い。ディスカードを条件としているがそもそも文明墓地利用を得意としているのでそれほど痛くもない。
同じカードが2枚以上あれば7コスト以下のクリーチャーを捨ててこのカード呪文面でリアニメイトすると言う戦法も可能。

呪文面のリアニメイト能力殿堂入り呪文《インフェルノ・サイン》に非常に似ている。それどころか進化クリーチャーすら踏み倒せるので手打ちした場合は《インフェルノ・サイン》より強力である。
ただし、あちらはS・トリガーで相手のターン中に踏み倒せていたから強力だったわけであり、自分のターン中にしか踏み倒せないのは大きな弱体化である。

しかし、リアニメイトは便利なので登場以降、【ジャバランガループ】【デ・スザーク】で使用されている。ただ、後者では《無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース》を7マナまでのチャージマナを支払うことによる面倒を省く形でバトルゾーンに出すという感覚で使用されており、一種の墓地回収という意味合いの方が早出し手段という意味合いより強い。よって、最速で踏み倒すための手段として猛威を振るっている訳ではない。

次弾では、このカードととても相性の良い《龍装艦 チェンジザ/六奇怪の四 〜土を割る逆瀧〜》が登場。このカードのクリーチャー面は低コストで《龍装艦 チェンジザ》の能力を使用するためのディスカードを行うことができ、呪文面では《龍装艦 チェンジザ》の能力で唱えることもでき、この呪文で《龍装艦 チェンジザ》をバトルゾーンに出すこともできる。

  • クリーチャー面の名前の由来は18世紀のフランスで活躍した哲学者、ジャン=ジャック・ルソーとシャルル・ド・モンテスキューから。呪文面の由来はそれぞれの著書(モンテスキューの『法の精神』、ルソーの『社会契約論』)からだろう。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMRP-05
    法に従い生を取り戻し、契約に従い死ぬまで戦うだろう。

収録セット

参考


Last-modified: 2018-11-23 (金) 02:28:09