《ヴォルグ・サンダー》

ヴォルグ・サンダー VIC 闇文明 (6)
サイキック・クリーチャー:デーモン・コマンド/ハンター 7000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、プレイヤーを一人選ぶ。そのプレイヤーは、自身の山札の上から、クリーチャーが2体出るまでカードを墓地に置く。
W・ブレイカー
《サンダー・ティーガー》覚醒リンク後⇒《雷獣ヴォルグ・ティーガー》
※プレミアム殿堂

DMR-02で登場したビクトリーを持つサイキックデーモン・コマンド/ハンター

《サンダー・ティーガー》覚醒リンクして《雷獣ヴォルグ・ティーガー》となる。文明初のビクトリーに相応しい、非常に優秀なカードである。

単純にコスト6、パワー7000のW・ブレイカーという高い基本スペックを持っており、覚醒リンクをせずともアタッカーとして十分に機能する。また6コストである点も重要で、《復活の祈祷師ザビ・ミラ》能力で複数体出せ、《時空の霊魔シュヴァル》覚醒をサポートできる。

cipでいずれかのプレイヤーを選び、クリーチャーが2体出るまで山札を削る。相手に使えばライブラリアウトを促進し、自分に使えば墓地肥やしとなる。

この能力は主にライブラリアウトとして使用される事が多く、【超次元コントロール】などの呪文比率の高いデッキに対しては異常な程の山札を削ることができる。このカードの登場以降、クリーチャーの比率をなるべく高めることがデッキ構築の際のセオリーとなったのも無理のないことである。
ただし、多くのデッキクリーチャーを主体に構築されるので、このクリーチャーを1体出しても3、4枚削るだけになることが多い。よって、ライブラリアウトを狙うならばそれに特化したデッキビルディングが必要である。【ヴォルグ・サンダーライブラリアウト】のようなデッキでは《復活の祈祷師ザビ・ミラ》cipで一気に複数体並べる方法が取られる。

相手の山札を削ることに目が行きがちだが、墓地肥やし要員としても優秀。使いやすい《超次元リバイヴ・ホール》《超次元ミカド・ホール》から呼び出せるのは利点である。また、同弾の《超次元ライデン・ホール》との組み合わせはデザイナーズコンボであり、自分の墓地を肥やした上で覚醒リンク《時空の霊魔シュヴァル》覚醒を狙いに行くことができる。

サイキック・クリーチャーの中でもかなり使いやすく、相性のいいデッキにはすんなり入るだろう。

ルール

環境において

エピソード1環境ではサイキック・クリーチャーを多用する超次元系のデッキが幅を利かせており、それらに対して猛威を振るった。一時は殿堂入りすら囁かれたが、「デッキ呪文を入れ過ぎると危険」という風潮が出来上がると、次第に採用率は下がっていった。

革命編以降はコンボデッキフィニッシャーとして採用される例が目立つようになった。さらに2017年11月20日に競技イベント運営ルールの更新によりループ中にランダム要素が関わる場合最も望む結果まで省略することが可能になったことで、墓地カードを送る無限ループに対しても《悠久を統べる者 フォーエバー・プリンセス》のみを山札に残しそれ以外をすべて墓地に送られた状況を作ることが可能になり、フィニッシュ手段としての汎用性が格段と増した。ループコンボのフィニッシュ手段の選択肢を狭め、さらにそうしたコンボデッキ自体が対戦ゲームとしての性質を損ねるソリティアになりがちであったためか、2019年3月1日に殿堂入り殿堂入りの気配が無かったため、発表の際はプレイヤー達の驚きに包まれた。一部では次のシリーズのギミックで大暴れするカードになり得るのではないかと言われている。(いわゆるビックリ枠)

その後、メインデッキに含まれないGRクリーチャー、それらをGR召喚・強化するオレガ・オーラ(クリーチャーではない)が新たに登場。巷ではオレガ・オーラの使用を促すために《ヴォルグ・サンダー》を殿堂入りにしたとも噂されている。事実、殿堂入りから約1か月半後に発売されたDMSD-09メインデッキクリーチャーが3枚しか投入されていない

殿堂入りになってからも《超次元ガード・ホール》で使い回せば1枚制限のハンデを十分克服でき、実際超天篇環境において【白黒緑ドルマゲドン】で引き続き使われたこと、そして自分に使うことでDMRP-10で登場する《大卍罪 ド・ラガンザーク 卍》を猛烈にサポートできる事情を踏まえたのか2019年7月1日にプレミアム殿堂に昇格。サイキック・クリーチャーからのプレミアム殿堂超次元コンビではない単体でのプレミアム殿堂は史上初。また、ビクトリーからも禁止化を散々望まれていた《勝利宣言 鬼丸「覇」》を差し置いての第1号となった。

  • 殿堂入りに指定された次の殿堂レギュレーション改訂でプレミアム殿堂に指定された背景に、オレガ・オーラを推したいという公式の意図があったことは想像に難くない。だが、公式がプッシュしたいカードタイプに対して有利すぎるという理由でプレミアム殿堂に指定されたという事例は前例がなく、このカード自体もプレミアム殿堂に指定されるほどのカードパワーはないため、一部プレイヤーから「商業的な理由で規制するのは如何なものか」と批判された。
    • ただし、このカードが登場した当時、前述のとおりサイキッククリーチャーを多用する呪文主体のデッキが幅を利かせており、採用率が下がった後もノンクリーチャーないし、極端にクリーチャー比率の少ないデッキに対する強力なメタとして機能していたため、このような事態は遅かれ早かれ訪れるものだったともいえる。

他のカードとの関係

その他

  • 名前の由来は、ロシア語で狼を表すヴォルク(волк)と英語で雷を表すサンダー(thunder)だろう。
  • DMR-01ビクトリーに比べて封入率が高くなっており、ほぼ1箱に1枚程度入っている。
  • 漫画「ビクトリー」では勝太の切り札として度々使われている。

関連カード

収録セット

参考