《ヴォルグ・サンダー》

ヴォルグ・サンダー VIC 闇文明 (6)
サイキック・クリーチャー:デーモン・コマンド/ハンター 7000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、プレイヤーを一人選ぶ。そのプレイヤーは、自身の山札の上から、クリーチャーが2体出るまでカードを墓地に置く。
W・ブレイカー
《サンダー・ティーガー》覚醒リンク後⇒《雷獣ヴォルグ・ティーガー》
※殿堂入り

DMR-02で登場したビクトリーを持つサイキックデーモン・コマンド/ハンター

《サンダー・ティーガー》覚醒リンクして《雷獣ヴォルグ・ティーガー》となる。文明初のビクトリーに相応しい、非常に優秀なカードである。

単純にコスト6、パワー7000のW・ブレイカーという高い基本スペックを持っており、覚醒リンクをせずともアタッカーとして十分に機能する。また6コストである点も重要で、《復活の祈祷師ザビ・ミラ》能力で複数体出せ、《時空の霊魔シュヴァル》覚醒をサポートできる。

cipでいずれかのプレイヤーを選び、クリーチャーが2体出るまで山札を削る。相手に使えばライブラリアウトを促進し、自分に使えば墓地肥やしとなる。

この能力は主にライブラリアウトとして使用される事が多く、【超次元コントロール】などの呪文比率の高いデッキに対しては異常な程の山札を削ることができる。このカードの登場以降、クリーチャーの比率をなるべく高めることがデッキ構築の際のセオリーとなったのも無理のないことである。
ただし、多くのデッキクリーチャーを主体に構築されるので、このクリーチャーを1体出しても3、4枚削るだけになることが多い。よって、ライブラリアウトを狙うならばそれに特化したデッキビルディングが必要である。【ヴォルグ・サンダーライブラリアウト】のようなデッキでは《復活の祈祷師ザビ・ミラ》cipで一気に複数体並べる方法が取られる。

相手の山札を削ることに目が行きがちだが、墓地肥やし要員としても優秀。使いやすい《超次元リバイヴ・ホール》《超次元ミカド・ホール》から呼び出せるのは利点である。また、同弾の《超次元ライデン・ホール》との組み合わせはデザイナーズコンボであり、自分の墓地を肥やした上で覚醒リンク《時空の霊魔シュヴァル》覚醒を狙いに行くことができる。

サイキック・クリーチャーの中でもかなり使いやすく、相性のいいデッキにはすんなり入るだろう。

  • 名前の由来は、ロシア語で狼を表すヴォルク(волк)と英語で雷を表すサンダー(thunder)だろう。
  • DMR-01ビクトリーに比べて封入率が高くなっており、ほぼ1箱に1枚程度入っている。
  • 漫画「ビクトリー」では勝太の切り札として度々使われている。

関連カード

収録セット

参考