凶鬼(きょうき)02(ごう) ドゴンギヨス》

凶鬼02号 ドゴンギヨス SR 闇文明 (6)
クリーチャー:デーモン・コマンド/マフィ・ギャング 6000
このクリーチャーを召喚する時、自分の手札を2枚捨ててもよい。そうしたら、このクリーチャーの召喚コストを3少なくする。
スレイヤー
W・ブレイカー
相手はカードをマナゾーンに置く時、タップして置く。

DMRP-08で登場したデーモン・コマンド/マフィ・ギャング

通常はコスト6だが、手札2枚のディスカードにより召喚コストを3少なくでき、早期の召喚が行える。
相手のマナタップインさせる効果を併せ持ち、スレイヤー付きの大型化した《停滞の影タイム・トリッパー》として運用できる。
かつて環境で使われていた【ギフトミランダ】【ギフトカモン】調整版という見方もできる。
だが序盤に2枚も手札を消費するのはこちらにとっても痛手なので、墓地肥やしを利用するなどの工夫が必要になる。
パワー6000というのも《“轟轟轟”ブランド》火力に焼かれるラインなので【“轟轟轟”ブランド】系統との対面では召喚するタイミングに気を付ける必要がある。

もっとも、コスト5以上のコマンドを早期に召喚できるので《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》封印を外したり、ディスカードとして《S級不死 デッドゾーン》《禁断の轟速 レッドゾーンX》をチラつかせればS級侵略による反撃のプレッシャーを与えることも可能。これらに加えて《終断δ ドルハカバ》《凶鬼09号 ギャリベータ》などの墓地召喚を行えるコマンドで固めれば、デメリットを実質0にすることも容易。

単純に《復讐 ギャロウズ》と合わせて早期に《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》封印を外し切る構築にするのも悪くない。

このように豊富な種族サポートを受けられる上、バトルによる殴り返しでも相打ちに持ち込めたり出来るなど活躍の機会は多い。
早めに場に出して長く留まらせながら、ランデスで妨害を加えれば、相手の動きを大きく制限出来る。

環境において

登場から大方の予想通り【ドルマゲドンX】系統で活躍し、特に【黒緑ドルマゲドン】での活躍がメインであった。

超天篇環境になると【ロマノフシャコガイル】における手札からの墓地肥やし兼遅延札としても使われるようになった。勿論《奇石 ミクセル》には弱いが、ディスカードした時点で仕事は半分終えたようなものなのでそれほど気にしなくても良い。

《“轟轟轟”ブランド》が無制限であった頃は手札が減るのを利用して【赤黒“轟轟轟”ブランド】に投入されたこともあった。

ところが【青黒緑デッドダムド】が登場すると【ドルマゲドンX】系統が環境から姿を消し、このカードも見かけられなくなった。

その他

関連カード

収録セット

参考