光牙忍(こうがにん)ハヤブサマル》

光牙忍ハヤブサマル C 光文明 (3)
クリーチャー:ガーディアン/シノビ 3000
ニンジャ・ストライク4
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、次の自分のターンのはじめまで、自分のクリーチャー1体に「ブロッカー」を与える。
※殿堂入り

DM-29で登場したガーディアン/シノビ

ニンジャ・ストライクコスト踏み倒しが可能であり、cipで自分のクリーチャー1体をブロッカーにする。
数あるシノビの中でも屈指の汎用性を誇る強力なカードである。

ニンジャ・ストライク4により、4マナ貯まり次第コスト踏み倒し召喚できる。相手の攻撃時に突然現れて味方1体をブロッカーにする。

基本的には《光牙忍ハヤブサマル》自体をブロッカーにして相手の攻撃を防ぐために扱われる。パワー3000までならばバトル破壊可能。チャンプブロックになってしまっても、マナコスト無しで防御できるのでテンポアドバンテージを失わずに済む。

自分の大型クリーチャーブロッカーにして相手を返り討ちにすることも可能。特に《時空の火焔ボルシャック・ドラゴン》《紅蓮の怒 鬼流院 刃》など、バトルに勝った時にトリガーするカードとは相性がいい。

ニンジャ・ストライクのタイミング上、《クリティカル・ブレード》《超爆デュエル・ファイアー》などのブロッカー除去にほとんど引っかからないのは優秀な点である。

さらに、ニンジャ・ストライク召喚時にマナゾーン文明は参照しないので、このカード以外に文明を全く使っていないデッキでも問題なく使用する事ができる。
ブロッカーは基本的に腐りにくいカードであり、それが実質ノーコストで出せるのは非常に使いやすい。

【速攻】ビートダウン相手に悩まされているようならば、とりあえずこのカードを投入するだけでもそれなりの対策となる。

終盤の接戦ではこのカード一枚で命運が分かれることがあるため、相手の手札が一枚でもあるならばこのカードの存在を警戒するべきである。

ゲームにおいて

その他

  • その汎用性の高さから、このカードを確定枠としている事が多い人からは「デッキの枚数は実質39枚」と評される事がある。もちろん汎用性が高いからと言ってどんなデッキにも必ず入るわけではないが、ドロー手札交換サーチを積極的に行うデッキでは、採用しない理由を探すほうが難しい。
  • DMX-12再録された際には、MODE→CHANGE仕様となって登場。b枠なので入手が難しく、シングル価格も高め。

フレーバーテキスト

収録セット

参考