()える革命(かくめい) ドギラゴン》

燃える革命 ドギラゴン LEG 火文明 (7)
進化クリーチャー:メガ・コマンド・ドラゴン/革命軍 15000
進化−自分の火のクリーチャー1体の上に置く。
T・ブレイカー
革命2―このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のシールドが2つ以下なら、次の自分のターンのはじめまで、自分はゲームに負けず、相手はゲームに勝たない。
革命0―このクリーチャーが攻撃する時、自分のシールドが0枚なら、このクリーチャーをアンタップする。

DMR-17で登場した進化メガ・コマンド・ドラゴン/革命軍

革命2で次の自分のターンのはじめまで敗北を回避し、革命0で無限アタッカーとなる能力を持つ。

2つの革命能力はいずれも強力であり、特に革命0の能力はそれだけで勝利に直結する。仮に《終末の時計 ザ・クロック》等に防がれたとしても、革命2の能力で1ターンは敗北を防ぐことはできる。

反面、革命能力がない場合はただの準バニラであるため、このデッキを核としたデッキを作る際には積極的に自分のシールドを減らすことも考慮しなくてはならない。

シールドを減らすカードで相性がいいのは《逆転のオーロラ》であろう。《オーロラ》でシールドを全てマナに送り、余ったマナで《母なる星域》を唱える事により、少ないマナで革命0を使うことが出来る(【オーロラドギラゴン】)。《母なる星域》を用いず、そのまま召喚してしまうこともできるが、その場合やや必要なマナが増える事には注意したい。

また、革命2によりある程度カバーできるものの、S・トリガーには弱い。《地獄門デス・ゲート》《グローバル・ナビゲーション》等の除去を受けると、それで攻めの手が止まってしまう。革命2によって耐えたものの、ジリ貧になって結局負けてしまうという状況も考えられるので、S・トリガーに対する何らかの対策はしておきたい。

アンタップするのはアタックトリガーのタイミングであるため、普通にS・トリガーニンジャ・ストライクによってタップされるのも弱点と言えば弱点。新章デュエル・マスターズ以降の環境では打点ずらしに利用される《光牙忍ライデン》《蒼き団長 ドギラゴン剣》のついでにメタられるのが痛い。

主人公のカードらしく非常に派手なスペックを持つため、このカードのためにデッキを組む価値は十分にあると言える。

やはり進化元を用意する必要があるのと【レッドゾーン】の速度に間に合わないことから革命編環境では評価が低く、さらに革命ファイナル環境では【緑単ループ】などのように7コスト進化の敗北回避能力付き無限アタッカーを投げることなどよりもより確実かつ高速で勝てるデッキが環境を荒らしたことから殆ど埋もれた存在となってしまった。

ただ、ファンデッキ界隈では人気のあるカードであり、ガチデッキ界隈では《調和と繁栄の罠》でシールド0枚の状況で粘ってから1ショットキルを仕掛けるという【カイザー「刃鬼」】のサブプランとして導入されることもあった。【連鳥】やカウンター型の【赤黒ドギラゴン剣】の隠し味としても考慮されていた。

後に新章デュエル・マスターズになると、スーパー・S・トリガーで相手の盤面に干渉しつつ進化元コスト踏み倒しで用意することが比較的容易になったため、カードプールの面で強化されているともいえる。

  • デュエマゴールデンリストに加えられてはいるが、次世代ワールドホビーフェア'16冬でのイベント参加特典としてすぐにプロモ化された。先述のSD体型にデフォルメ版の全身が黄金に輝いている。
  • 漫画・アニメでは侵略者に封印された侵略に対抗しうる革命のカードとして登場。初めは鎖によってテキストが隠れ、ドギラゴンの体にも鎖が巻かれた状態になっていた。
    • アニメでは試合中に革命の発動条件を満たした際にテキストの鎖とドギラゴンの体の鎖が弾け飛び、徐々に能力が開放されていく演出がされた。
    • 漫画ではビクトリーモードを利用してテキストの鎖とドギラゴンの体の鎖を解き放ち、能力を明らかにした。

関連カード

収録セット

参考