(はは)なる星域(せいいき)

母なる星域 R 自然文明 (3)
呪文
バトルゾーンにある自分の、進化ではないクリーチャーを1体、マナゾーンに置く。そうした場合、自分のマナゾーンにあるカードの枚数以下のコストを持つ進化クリーチャーを1体、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出す。

DM-33で登場した自然呪文

バトルゾーンの自分の非進化クリーチャーマナゾーンに引っ込めることで、マナゾーンからコストの条件を満たした進化クリーチャーを出すことができる。

バトルゾーンクリーチャーマナゾーンクリーチャーとを入れ替える、俗に「母なる系」と呼ばれるコスト踏み倒し呪文のひとつであり、このカード進化クリーチャー専用。

マナゾーンに送るクリーチャー文明を一致させる必要はないため、使い勝手は《母なる紋章》よりも《母なる大地》に近い。

神化編環境においては【エンペラー・キリコ】必須カードとして扱われ、同デッキをトップメタに押し上げた立役者となる。

しかし、コスト踏み倒しメタが普及した新章デュエル・マスターズ以降の環境では、そもそもの着地を邪魔されるケースが多い。【ターボドルバロム】ですらも《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》禁断爆発によってコスト踏み倒しメタを退かしてから唱えるのでなければキツイ場合もしばしば。

現在では《悪魔神王バルカディアス》《聖霊王アルファディオス》《悪魔神ドルバロム》《偽りの悪魔神王 デス・マリッジ》《超竜ヴァルキリアス》など重量級進化クリーチャーを運用するのによく使われる。

重い進化クリーチャーは序盤から中盤では役に立たないため、マナが貯まり次第マナゾーンからわずか3マナで引っ張り出せるようになるこのカードの存在は有り難いところだろう。非進化クリーチャーマナゾーンに置いてからマナゾーンカードを数えるため、実質1ターン早く出せるようになる点も見逃せない。

10マナ前後の大型進化クリーチャーを使うならば常に考慮に入れたい一枚である。


ルール

  • これのようなコスト踏み倒しカードでも、正しい進化元がなければ進化クリーチャーを出すことはできない。逆に、進化元をバトルゾーン以外から出すマナ進化墓地進化でも、進化元が用意できれば出すことは可能。
  • 初出時のテキストでは「1体自分のマナゾーンから選び」という部分が抜けて落ちており、どこから出すのかが分からなかった。公式HP内のルールに関するコンテンツでエラッタが発表され、再録時には訂正がなされたものになった。

  • 間違えられやすいが、カード名は「聖域」ではなく「星域」である。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考


Last-modified: 2018-10-12 (金) 01:15:18