龍装艦(りゅうそうかん) チェンジザ/六奇怪(ろくきかい)(よん)(つち)()逆瀧(さかだき)〜》

龍装艦 チェンジザ SR 水文明 (6)
クリーチャー:ドラゴンギルド/ムートピア 6000
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時または攻撃する時、カードを2枚引き、その後、自分の手札を1枚捨てる。
各ターン、コスト5以下の呪文を自分の手札からはじめて捨てた時、その呪文をコストを支払わずに唱えてもよい。
六奇怪の四 〜土を割る逆瀧〜 SR 水文明 (4)
呪文
次の自分のターンのはじめまで、相手は各ターン1度しか、クリーチャーで攻撃もブロックもできない。

DMRP-06で登場したドラゴンギルド/ムートピアツインパクト

クリーチャー面はcipアタックトリガー手札交換を行う能力と、各ターンに初めて手札から捨てたコスト5以下の呪文コスト踏み倒しで唱える能力を持つ。
手札交換の際にディスカードした呪文を即座に唱えることができるため、両者の能力はとてもシナジーしている。
文明は異なるものの《導子の精霊龍 ホーマ》の能力をより使いやすくしたクリーチャーと言える。

呪文面は次の自分のターンの初めまで、相手に各ターン1度しか攻撃ブロックをできないようにする能力

このカードを運用する上でまず注目したいのはやはりクリーチャー面であろう。
手札を減らさずにその後も能力を活用できるW・ブレイカーを立てながら即座にコスト5以下呪文を唱えられる、というそのスペックは6コストとしては非常に強力。
そして手札を捨てた時と条件が緩いことによる、《怒流牙 佐助の超人》との組み合わせなど様々な工夫が考えられる点や、踏み倒しの範囲が「コスト5以下の呪文」と非常に幅広いことによる踏み倒し先の選択肢が多い点も、このクリーチャーの強さに拍車をかけている。
また、相手のターンでも能力を使えるため、ハンデスに強い。

呪文面もまた強力であり、単純に防御札として使えるほか、ビートを仕掛ける際、相手のブロッカーを対策しつつ、保険として相手に攻撃制限をかけることもできる。
この面を唱えた後で相手ターン中に《怒流牙 佐助の超人》ニンジャ・ストライクからの《斬隠蒼頭龍バイケン》マッドネス起動というセットをぶつければ、ほとんどのケースで1ターンを確実に凌ぐことができる、

呪文を踏み倒すクリーチャー面と、その踏み倒しに対応した呪文面。
総じて二面が綺麗に噛み合っており、ツインパクトの性質を存分に生かした器用な立ち回り方の出来る優秀なカードと言えよう。

ルール

  • 手札から唱え終わった呪文は墓地に置かれるが。これは手札を捨てたことにはならない。また、バトルゾーンに出そうしたが、何かしらの置換効果で(結果的に)手札から墓地にカードが置かれた時も、捨てたことにはならない。そのため、これら場合《チェンジザ》の能力はトリガーしない。
    • ツインパクトをクリーチャーとしてバトルゾーンに出そうして《龍世界 ドラゴ大王》などの置換効果で墓地に置かれても、呪文面を唱えることはできない。

裁定

  • このカードがある中で相手の《ロスト・ソウル》などで同時に手札を捨てた場合、このカード側のプレイヤーが1枚選んで使い、それを使った後は他に同時に捨てられていたカードは最初に捨てられたカードでないものとして扱われ、唱えられないままとなる。(2018/8/6正式回答)

活用

  • 呪文面でロックをかけても攻撃およびブロックそれぞれ1回は可能なため、あらかじめブロッカーを用意するなどのプレイと併用するのが望ましい。
  • 《時の法皇 ミラダンテXII》との相性は抜群。攻撃時に革命チェンジを宣言→このクリーチャーの1つ目の効果で呪文を捨て、2つ目の効果でそれを唱える→革命チェンジを処理、という手順を踏むことで、このカードのスペックをフルに活かしつつ、《ミラダンテXII》に繋げることができる。このカードの呪文面が、《ミラダンテXII》が触れることのできない、「すでにバトルゾーンにいるクリーチャー」に対処できるという点もシナジーを形成している。
    • ただし、《ミラダンテXII》のcipではこのカードの呪文面を唱えられない点には注意。
  • 種類こそ少ないが、条件を満たした後に唱えることで即座に回収されるサイクロン呪文との相性が良い。回収条件であるクリーチャー召喚の後に回すマナが不要となる上にディスカードとなっても唱えることで即座に回収でき、大抵がコスト5以下のため、無駄がない。

環境において

後に環境でよく見られるようになったこのカードであるが、登場当初は環境で通用するというまでの高い評価はあまり聞かれなかった。
というのも、《龍装艦 ゴクガ・ロイザー》に比べて爆発力に欠け、さらに呪文面が地味であったためである。
そして、何より当時流行っていた《時の法皇 ミラダンテXII》デッキに入れることを考えた時、呪文面がコスト5以下でありながらもを持たず単色であり、《時の法皇 ミラダンテXII》能力によって唱えられないという点がネックと見られていた。

ところが登場から1ヶ月程度が経過すると、

などと、このカード呪文のセットで、革命チェンジへの障害を取り払いスムーズに《時の法皇 ミラダンテXII》に繋がりつつ、そちらでの確実なフィニッシュをサポートできることがプレイヤーに浸透し、評価が一変。

超天篇になると、すっかり環境で見なくなった《龍装艦 ゴクガ・ロイザー》とは当初の評価が逆転した形に。
自身とセットで使われたフィニッシャーである《時の法皇 ミラダンテXII》殿堂入りになった後も、その元々の強さゆえに環境デッキである【チェンジザドンジャングル】のメイン戦力として引き続き使われている。
ここにおいてこのカード単独でも、《ジャミング・チャフ》によって呪文ロックかけつつ、《Dの牢閣 メメント守神宮》Dスイッチで相手を足止めすることを繰り返すことで、自身でビートダウンする展開をとることができ強力であると認知され始めた。

その他

  • 双極篇では【チェンジザダンテ】がトップメタに上り詰めたため、元々スーパーレアであり必然と供給不足になりがちであったこのカードはさらに高騰した。美品のシングルカードがDMRP-07期では4000円で販売されることも珍しくない。
  • このイラストは一見すると、《龍装艦チェンジザ》が《土を割る逆瀧》に巻き込まれ沈んでしまっている図に見えるが、よく見れば《土を割る逆瀧》が迫り来るミサイルから《龍装艦チェンジザ》を守っている図であると分かる。

六奇怪

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMRP-06
    六奇怪を調査する者は皆、逆瀧に飲まれ消息を絶った。

収録セット

参考


公式Q&A

Q.コスト5以下の呪文を捨ててから、そのあとでこのクリーチャーをバトルゾーンに出しました。このクリーチャーの能力でコスト5以下の呪文を捨てるとどうなりますか?
A.何も起こりません。このクリーチャーがチェックするのはあくまでそのターン中はじめて捨てられたコスト5以下の呪文です。このクリーチャーが出た後で最初に捨てられるコスト5以下の呪文のことを指してはいません。
引用元