BAKUOOON(バクオーン)・ミッツァイル》

BAKUOOON・ミッツァイル SR 火文明 (9)
クリーチャー:ビートジョッキー/ワンダフォース 9000
このクリーチャーを召喚する時、自分のクリーチャーを好きな数破壊してもよい。こうして破壊したクリーチャー1体につき、このクリーチャーの召喚コストを2少なくする。ただし、コストは0以下にならない。
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、このクリーチャーを召喚する時に破壊されたクリーチャー1体につき、GR召喚する。
自分のクリーチャーすべてに「スピードアタッカー」を与える。

DMRP-09で登場したビートジョッキー/ワンダフォース

コストが9と重いが、召喚時に自分のクリーチャーを1体破壊する毎に2コスト軽減が可能。
さらに召喚時に破壊されたクリーチャー1体につき、GR召喚を行い、このクリーチャーを含む全てのクリーチャースピードアタッカーを与える。

ウィニーを順当に並べていけば、3、4ターン目にはわずか1コストでこのクリーチャーが出せるようになり、即死打点に達するだろう。
《DOKIDOKI・ザイナマ》を巻き込めば、一度に超GRの半数を呼び出せるのでランダム性の高いGR召喚と言えども目当てのクリーチャーを呼び込みやすくなる。
GR召喚《ツタンメカーネン》などのドロー補助が出せれば、手札を増強しつつ、2体目のこのクリーチャーでそれらを破壊させてより強力なアタッカーへ繋ぐ事も出来る。
非常に高い爆発力を持った攻撃的なクリーチャーと言えるだろう。

《Dの牢閣 メメント守神宮》Dスイッチ効果フリーズにも強い。自分のクリーチャーがタップされても、召還時の能力での餌として利用できるからである。

  • 3つめの能力は、いつ破壊されたのかの条件は書かれていても、何によって破壊されたのかについて書かれていない。それにより「1つめの能力で破壊したクリーチャー」のみをカウントするのか、はたまた《死滅恐皇グラヴィッツZ》などの《ミッツァイル》以外の効果で破壊されたクリーチャーもカウントするのかは、現時点では不明。
  • 開発段階では「マルチブランド」なるカード名が当てられており、《“罰怒”ブランド》の派生カードとしてデザインされていた事が伺える。

関連カード

収録セット

参考


公式Q&A

Q.最初の能力で破壊した自分のクリーチャーの中に、「このクリーチャーが破壊された時」という能力を持つクリーチャーがいました。その能力をすぐ使ってもよいですか?
A.いいえ、まずこのクリーチャーの召喚を終わらせてから、能力を使ってください。このクリーチャーの持つGR召喚の能力とどちらを先に使うかは選ぶことができます。
引用元

Q.破壊したクリーチャーの数だけコストを少なくしても召喚するマナが足りない場合でも、自分のクリーチャーを破壊だけすることはできますか?
A.いいえ、自分のクリーチャーを破壊できるのは最終的にこのクリーチャーを正しく召喚できる時だけです。
引用元

Q.正しく召喚できるとは何ですか?「このクリーチャーを召喚する時」というのは、自分のクリーチャーを破壊しなくても召喚可能なマナ(9マナ)がある時だけ使える能力ということですか?
A.いいえ、召喚とは召喚を宣言してコスト軽減を適用してバトルゾーンに出すという一連のプロセスです。コスト軽減を適用しても召喚するに必要なマナを確保できない場合召喚を宣言できないということになります。
引用元