MEGATOON(メガトーン)・ドッカンデイヤー》

MEGATOON・ドッカンデイヤー VR 火文明 (5)
クリーチャー:ビートジョッキー/ワンダフォース 5000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の手札をすべて捨てる。
自分の手札を1枚捨てた時、GR召喚する。(GR召喚:自分の超GRの上から1枚目を、コストを支払ったものとして召喚する)

DMRP-10で登場したビートジョッキー/ワンダフォース

cipでオールディスカードする上に、ディスカード時にGR召喚するトリガー能力を持つ。

《BAKUOOON・ミッツァイル》同様に大量のGR召喚が可能なのは魅力。
こちらはフィールドアドバンテージを損せずに展開でき、状況によってはあちら以上に場を埋め尽くせる。前もって出しておいた《ガチャダマン》《カリー・ポッター》などのサポート役と組ませやすいのも利点。

しかし、その後のプレイが出来なくなるオールディスカード能力というのは、得てして使いづらい。手札を溜め込む性質上、このクリーチャーを出す前は《ミッツァイル》以上にハンデスが苦手。何より自前でのスピードアタッカー付加の有無が大きく、環境での主流は《ミッツァイル》に譲っている。

  • 前準備での手札補充が肝になるので、このクリーチャーでデッキを組むならはほぼ必須になるだろう。《BAKUOOON・ミッツァイル》との差別化の為にも、前もって出したクリーチャーが活かせるような工夫もしたい。
    • その一つ目の例として《花美師ハナコ》《熱湯グレンニャー》などで手札補充しつつ殴っていき、このクリーチャーの大量展開でトドメを刺す型が考えられる。こちらの方が構築費用が少なく、デッキの扱う際の難易度は低いのが利点。相手にハンデスを使う暇を与えさせないのも優秀。
    • 二つ目の例ではサポートクリーチャーを用意しておき、大量展開したらすかさず一斉強化して制圧する型である。全体的にコンボデッキ寄りであり、後述の《アクア・メルゲ》型も広義にはこのタイプに含まれる。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMRP-10
    文明など恐れるに足らず! 吾輩の爆弾で粉みじんにしてくれるわ! デイヤーーッ! ― MEGATOON・ドッカンデイヤー

収録セット

参考


公式Q&A

Q.《MEGATOON・ドッカンデイヤー》の出た時能力で、自分の手札3枚を捨てました。この時、何回GR召喚できますか?
A.1枚捨てるたびに1回GR召喚できますので、この場合3回GR召喚することができます。
引用元