【オール・イエス】

《至宝 オール・イエス》を中心にハンデスタップキルを行うコントロール

至宝 オール・イエス R 光/闇文明 (2)
クロスギア:サムライ
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
これをクロスしたクリーチャーのパワーは+4000され、「ブロッカー」を得る。
これをクロスしたクリーチャーが攻撃する時、相手の手札を見ないで1枚選び、捨てさせる。

基本的には《至宝 オール・イエス》文明であるの2色で組まれ、ドローなどのを入れた【白青黒】?の構築もある。《暗黒秘宝ザマル》を投入する場合は【準黒単】気味に構成される。

利点はメインカードがクロスギアであるため滅多に除去されず、また《永遠のリュウセイ・カイザー》などの新型マッドネスが起動しない点。クロスギアを使うメタデッキは現時点でこのデッキくらいであり、他の相手に対しては腐るクロスギア除去は積まれにくい。ただしカード指定除去には注意。

デッキカラー故に、単純なビートダウン性能は一般のビートダウンデッキより遥かに劣るので、闇雲に殴っていても相手のS・トリガー除去カードに阻まれて殴りきれないことが多い。
攻撃ハンデス持ちのクリーチャータップキルすることが出来れば、相手の手札とクリーチャーを両方減らすことが出来るので積極的に狙いたい。
時にはコントロールに近い動きもこなすのがこのデッキの特徴だが、長期戦になるとドローが薄い分息切れして相手に逆転されてしまう場合がある。手札を与えずに殴れる特徴を生かして、序盤からじわじわと追い詰めたいところ。

「全国大会2014デュエマ甲子園 日本一決定戦」オープンクラス優勝などの実績を残している。

主要カード

現在型(DMR-05以降)
【準黒単】型(初期型)


現在型(DMR-05以降)

DMR-05にて、このデッキと相性が良いカードが多数登場したため一気に注目を浴びた。

虚構の影バトウ・ショルダー UC 闇文明 (3)
クリーチャー:ゴースト 2000
相手の呪文を唱えるコストは、相手の墓地にある呪文1枚につき1多くなる。

希望の親衛隊ファンク UC 闇文明 (5)
クリーチャー:ダークロード/ハンター/エイリアン 5000
バトルゾーンにある相手のサイキック・クリーチャーすべてのパワーは-5000される。(パワー0以下のクリーチャーは破壊される)
バトルゾーンにある相手のサイキック以外のクリーチャーすべてのパワーは-1000される。

特にこれら2体は強力で、このデッキカラーの長所である相手への妨害やパワー低下などの除去に磨きがかかり、メタデッキへと上り詰めた。

よく使われるカード

ウィニー

除去・ハンデス・フィニッシャー

超次元呪文

水を入れる場合

よく使われるサイキック・クリーチャー

超次元ゾーンのメンバーは大体この辺りが固定されてしまうので、結構ばれやすい。


【準黒単】型(初期型)

暗黒秘宝ザマル UC 闇文明 (3)
クリーチャー:パンドラボックス 2000+
自分のマナゾーンのカードがすべて闇のカードであれば、このクリーチャーのパワーは+2000される。
このクリーチャーが攻撃する時、自分のマナゾーンのカードがすべて闇のカードであれば、相手の手札を1枚見ないで選び、捨てさせる。

安定性は通常の型より落ちるが、その分爆発力は高い。

現在は《リーフストーム・トラップ》《父なる大地》といった使いやすいマナ送り除去が存在するため、どうしてもという場合を除き単色クリーチャーは採用を見送った方がいいだろう。

主要カード

《暗黒秘宝ザマル》【準黒単】の場合のメインアタッカー

その他候補カード

その他候補サイキック・クリーチャー

参考


Last-modified: 2018-11-11 (日) 22:54:57