【キリコキュービック】

《甲型龍帝式 キリコ3》能力で一気に3枚の呪文を踏み倒すデッキ

甲型龍帝式 キリコ3(キュービック) SR 水文明 (8)
進化クリーチャー:クリスタル・コマンド・ドラゴン 13000
進化-自分の水のドラゴン1体の上に置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の手札をすべて、好きな順序で山札の下に置く。その後、自分の山札の上から、呪文が3枚出るまで、カードをすべてのプレイヤーに見せる。こうして見せたそれ以外のカードをすべて山札に加えてシャッフルし、その後、その3枚の呪文をコストを支払わずに唱える。
T・ブレイカー

《甲型龍帝式 キリコ3》プレミアム殿堂となった《エンペラー・キリコ》ドラゴン版と言えるカード

クリーチャーの代わりに呪文を3枚踏み倒せるようになっており、手札をすべて山札に戻すことで3枚もの呪文コスト踏み倒しできる。

《インビンシブル・フォートレス》《ティラノ・リンク・ノヴァ》などの1発でゲームエンドに持ち込める大型呪文ですら容易に3枚唱えることが可能。また、超次元呪文を3回唱えれば《唯我独尊ガイアール・オレドラゴン》を1度に揃えることもでき、フィニッシュには苦労しない。キリコの名に恥じない強力なカードと言えるだろう。

大型呪文を安定して唱えるために、ドローマナブーストクリーチャーで賄う。
《甲型龍帝式 キリコ3》文明であるを中心に、マナブースト自然、大型呪文を加えた青赤緑で組まれることが多い。

主要カード

踏み倒す呪文の候補

《ティラノ・リンク・ノヴァ》相手シールドを全て手札に戻す
《インビンシブル・フォートレス》相手シールドを3枚焼却
《超銀河弾 HELL》9000割り振り火力+シールド焼却
《インビンシブル・アビス》敵獣を全て破壊
《ロスト・ソウル》必殺の全ハンデス
《ガンヴィート・ブラスター》確定除去+2枚ハンデス
《英知と追撃の宝剣》4枚ものカードに干渉する除去
《龍脈術 水霊の計》3枚ドロー山札送り
《ドンドン吸い込むナウ》サーチ&バウンスS・トリガー
《無法のレイジクリスタル》6000以上バウンス+6000火力
《運 命》手札からドラゴン踏み倒し、再び《キリコ³》を出す
《オールデリート》お互いのマナゾーン以外のすべてのカードを山札送り。超次元呪文等と一緒に唱えスピードアタッカーを出せばほぼ確定でワンショット
《ドラグシュート・チャージャー》山札の上から5枚を見て好きなドラゴンを踏み倒し、スピードアタッカーを与え、ターン終了時に破壊。キリコ³も踏み倒せるため連鎖的に頭数を増やせる
《無双と竜機の伝説》パワー6000のクリーチャーを一掃+エクストラターンを獲得。キリコ³の能力で複数枚唱えた場合その枚数分エクストラターンが加算される

サイキックの候補

水のドラゴンの候補

《龍素記号Sr スペルサイクリカ》cip墓地呪文唱える
《龍素記号Xf クローチェ・フオーコ》お互いの山札を回復させるブロッカー
《龍素記号JJ アヴァルスペーラ》cip山札の上から5枚見て呪文を1枚加える
《龍素記号Sb リュウイーソウ》手札呪文S・バックを与える
《龍装者 タルスーパ》S・トリガーアンタップクリーチャーをバウンス。5コストと軽いのが魅力
《龍素記号Mm スペルサイケデリカ》cip山札の上4枚から相手が選んだ呪文唱える。他のコマンド・ドラゴンの召喚にも反応
《龍素記号Bg ニュートン専用パンツァー》相手がドローしたとき同じ枚数ドロー
《蒼神龍ヴェール・バビロニア》cipで擬似ハンデス。手札整理に
《斬隠蒼頭龍バイケン》定番マッドネス。水のドラゴンなので進化元にもなる
《青寂の精霊龍 カーネル》多色だが5コストと軽く、S・トリガーで相手のクリーチャー一体の攻撃、ブロックの阻止ができるブロッカー

その他の候補

このデッキの戦い方

《甲型龍帝式 キリコ3》バトルゾーンに出しさえすれば呪文を3枚コスト踏み倒しして多大なアドバンテージを得られる。

クリーチャー《霞み妖精ジャスミン》《爆砕面 ジョニーウォーカー》マナブーストし、《緑銅の鎧》マナゾーン《甲型龍帝式 キリコ3》を準備したり、墓地に落ちた《甲型龍帝式 キリコ3》《天真妖精オチャッピィ》マナゾーンに置いたりすることもできる。

進化元にはサイキック《勝利のリュウセイ・カイザー》が便利。《次元流の豪力》《カモン・ピッピー》から気軽に出して妨害ができる。

他にはcipを使い終わった《龍素記号Mm スペルサイケデリカ》《龍素記号JJ アヴァルスペーラ》G・ゼロで出した《龍素記号Xf クローチェ・フオーコ》などが使える。

《龍素記号Sr スペルサイクリカ》超次元呪文を連打するだけでも十分に強力である

7マナたまったら《母なる星域》を唱えてマナゾーンから出す。cip手札を全て山札の下に戻した後、呪文が3枚めくれるまで山札の上表向きにしていき、出た呪文コスト踏み倒し唱えることができる。

デッキ内の呪文を大型のみに絞ることで、《ティラノ・リンク・ノヴァ》《インビンシブル・フォートレス》を撃って一気に勝負を決めることができる。

もしくは超次元呪文を何発か撃って《勝利のガイアール・カイザー》《勝利のプリンプリン》を並べ、《唯我独尊ガイアール・オレドラゴン》を完成させることもできる。他の覚醒リンクとは異なり、パーツが揃った時点でリンクできるため、ワールド・ブレイカーで即座に相手のシールドを叩き割ることができる。

《母なる星域》がもう1枚めくれた場合、別の[[《甲型龍帝式 キリコ³》]]を出すことで再び踏み倒し能力を実行できる。そうなるともはやオーバーキルな程のアドバンテージを得られるだろう。

いずれによ《甲型龍帝式 キリコ3》を出すこと自体が即死コンボに近い威力になるように、デッキビルディングには気を配りたい。

このデッキの弱点

呪文の使用をロックする《聖鎧亜クイーン・アルカディアス》《偽りの王 ナンバーナイン》は天敵。《甲型龍帝式 キリコ3》能力が完全に封じられて手札を失うだけになってしまう。

文明の都合上クリーチャー確定除去が入れづらいのでそれらを出される前に《甲型龍帝式 キリコ3》の降臨につなげたい。

【速攻】も基本的に苦手だが、《龍素記号Sb リュウイーソウ》手札呪文S・バックにしたり、各種S・トリガー獣を使うことで対抗できる。

また《オールデリート》型では相手が《伝説の禁断 ドキンダムX》を使ってきた場合、《オールデリート》を使うと《ドキンダムX》の封印が全て外れてしまい、逆にこちらのクリーチャーが全て封印されて一方的に負けてしまう。


その他

参考


Last-modified: 2018-11-09 (金) 00:09:31