【ゴウ・ブレイクドラゴン】

《ゴウ・ブレイクドラゴン》《ジェット・ポルカ》コンボを利用したビートダウン

この2体を揃えて1ショットキルを狙っていく。

ゴウ・ブレイクドラゴン VR 火文明 (5)
進化クリーチャー:メガ・コマンド・ドラゴン 6000
進化クリーチャー−自分の火のクリーチャー1体の上に置く。
このクリーチャーが攻撃する時、攻撃の後、バトルゾーンにある自分の火のクリーチャーを1体タップしてもよい。そうした場合、このクリーチャーをアンタップする。
W・ブレイカー

ジェット・ポルカ UC 火文明 (4)
クリーチャー:ファイアー・バード炎 2000
自分の進化クリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーをアンタップする。

《ゴウ・ブレイクドラゴン》攻撃の後に他のクリーチャータップすると自身をアンタップして再度攻撃することができる。

《ジェット・ポルカ》は自分の進化クリーチャー攻撃する時にアンタップされる。この2体が揃えば何度でも攻撃が可能となり、S・トリガーS・バックなどを使われなければ1ショットキルが成立する。

《ゴウ・ブレイクドラゴン》《ジェット・ポルカ》がともに文明であることから主に赤単で組まれる。その他マナブースト自然か、ドローソースを扱えるが加えられることもある。

主要カード

候補カード

自然を入れる場合

水を入れる場合

このデッキの戦い方

《ゴウ・ブレイクドラゴン》《ジェット・ポルカ》を揃えて1ショットキルを狙うのが基本。

理想的な展開は以下
2ターン目《一撃奪取 トップギア》
3ターン目《ジェット・ポルカ》
4ターン目《ゴウ・ブレイクドラゴン》

ただし、相手も当然《ジェット・ポルカ》除去してくるため、上手くいくことは少ないだろう。

そのため、以下のようなルートも考慮できる
2ターン目《斬斬人形コダマンマ》+《爆襲 アイラ・ホップ》で2体並べる。
3ターン目《エヴォル・メラッチ》手札補充
4ターン目《ゴウ・ブレイクドラゴン》+《レクタ・アイニー》

この場合、《レクタ・アイニー》を出すことで《ゴウ・ブレイクドラゴン》が4打点分となるので、ちょうど1ショットキルが成立する。

もちろん無理に1ショットキルにこだわらなくてもよい。あからじめシールドを1枚割っておくことで残り4枚となるので、クリーチャーが3体並んだところで《ゴウ・ブレイクドラゴン》を出せば、W・ブレイカー2回でシールドを全てブレイクして止めを刺せる。

《ゴウ・ブレイクドラゴン》は味方をW・ブレイカー化するような能力だと考えると誤算が少ないだろう。

自然を入れる場合

《フェアリー・ギフト》から《次元流の豪力》《カモン・ピッピー》召喚し、《勝利のリュウセイ・カイザー》を3ターン目に出すコンボが可能。《野生設計図》のおかげで手札補充もできる。

《無頼勇騎タイガ》を入れて【速攻】寄りに組んだり、パワーの高い《無頼勇騎ゴンタ》《ツッコミパンダ・ディス》を採用してみるのもいいだろう。

水を入れる場合

《熱湯グレンニャー》《金属器の精獣 カーリ・ガネージャー》を採用できるので、手札補充しながら殴れる。《電磁翔天ピピッピ》《機動電影レッド・スコーピオン》など、多色が充実しているためクリーチャーを確保しやすい。

このデッキの弱点

ブロッカーの多いデッキには弱い。
進化以外の基礎パワーは低めなので、何体かブロッカーを出されるだけで止まってしまうこともしばしば。《超爆デュエル・ファイアー》《超次元シューティング・ホール》+《ガイアール・カイザー》など、ある程度除去手段を用意しておけると無難だろう。

また、S・トリガー《ゴウ・ブレイクドラゴン》除去されてしまうとそれだけで大きな痛手となる。相手によっては、クリーチャーを十分に並べてから殴りはじめるなど、プレイングにも気を配るべきだろう。


その他

参考


Last-modified: 2018-11-10 (土) 00:13:44